20代で年収アップのために転職を考える時の注意点

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

今回の記事は「若いうちに転職して早く年収を上げたい!」と考える野心家の20代の方へ向けたものです。

若さゆえにチャレンジできることもある一方で、若さゆえに間違うことが多いのもまた事実。

仕事上のミスは若いうちにどんどん経験した方が良いと言われることも多いですが、転職における失敗はできれば避けたいものです。

できるだけ早くから年収を上げたいと僕も思うけど、転職に失敗するのは勘弁だよ。

いたずらに転職回数も増やしたくないしね。

20代の転職で特に失敗しやすいのが、「年収を上げることを目的とした転職」と言われています。
 
今回の記事では、20代の方が年収を上げる転職をするために知っておきたいことや、注意点などについてお話します。

あなたが20代前半なら

最初からがっかりさせてしまいそうですが、20代前半のうちに転職で年収アップを実現できるケースは少ないことをまずお伝えしたいと思います。

中途採用は即戦力採用とも言われるように、仕事の経験者を求めるケースがほとんどです。

職種や業種にもよりますが、一人前に仕事ができるようになるために入社後2、3年が必要です。
それからさらに1、2年は経験を積んで、本当の意味での「即戦力」と呼べる実力がつくと言われます。

つまり大卒で入社した人が転職市場で通用するようになるのは、20代後半から、ということになるのです。

20代前半を対象とした中途採用の求人情報には、「未経験OK」との表記が見られるものもありますが、そういった求人の場合、0からのスタートとなるので年収アップには結び付きにくいのです。

20代前半では年収アップどころか、条件を下げない転職さえ難しいのが現実で、まずは社内で経験を積むことを優先させる方が現実的な判断と言える時期なのです。

20代前半からでも年収アップが狙えるケース

20代から年収アップ
数は多くありませんが、20代前半の若い時期からでも転職で年収アップを実現できるケースをご紹介します。

「勤続年数は関係なく、実力が全て」という業界ならば、若いうちから転職で年収アップを狙うことが可能なのです。

優れた営業手腕を持つ営業職

とにかく営業手腕が優れていて、突出した売上実績がある営業職の場合、年齢は関係なく活躍の場が見つかりやすいです。

企業が変わっても売り上げを伸ばす自信が絶対的にあるという方は、より高待遇の職場を狙ってみるのも良いと思います。

前職でのしっかりとした実績と、若さと情熱をアピールすれば、「若くても実力がある優秀な人物だ。もっと良い条件を出してでもぜひ来てもらいたい。」ということになります。

年齢層が若い店頭での販売職

店頭での販売職は、従業員の年齢層が他の職種に比べて若いので、前項の営業職同様に接客スキルや売上実績が優れた人材であれば、20代前半からでも良い条件の職場へ転職することが可能です。

技術力の高いITエンジニア

人材の流動性が高い業界で、若くても実力があって「一つのシステムを任されて構築した経験がある」などという人は、より良い条件を求めてアグレッシブに転職するケースが多いです。

独自のアイデアを持っていたり、人脈が広かったり、強みを持っていれば、年齢を問わず個人事業主として独立・起業して年収アップを実現するケースも多くみられます。

あなたが20代後半なら

20代後半で年収アップ

社会人生活にもすっかり慣れた20代後半では、多くの方が職業人としての成長を実感できるようになり、もっと年収を上げたい!という欲求が出てきやすい時期です。

それでもすぐに他社へ転職することばかりに考えを集中させるのはとても危険です。

年収アップのための転職方法について説明する前に、まずは冷静に自らの置かれている状況を見つめてみましょう。

「今すぐに」転職して年収を上げなくてはならないのか?

ここでちょっと話の視点を変えてみしょう。

なぜ今、年収アップのために転職しなければならないのでしょうか?

現在の年収に不満があれば、年収アップのために転職したくなるのもわかります。

しかし、「今すぐに」給料を上げることが絶対に必要なのか?ということを、もう一度考えていただきたいのです。

日本企業では20代は辛抱の時と割り切る手も

多くの日本企業では若いうちは年収が低いかわりに、手厚く研修制度などを設けて会社に役立つように育て上げ、実力が付いたら仕事の実績に応じて年収をアップさせる、という仕組みになっています。

若いうちは年収が安い代わりに、会社に守り育てられていると考えることもできます。
その仕組みの中にいる限り、若いうちから年収アップすることは難しいということになります。

これをどう考えるかは人それぞれですが、今の年収だけを見て安易に転職に踏み切るのは時期尚早とも考えられると思います。

「いつかは給料が上がれば良い」のであって、「今すぐ給料を上げなければいけない」わけではないのであれば、

  • 今の職場でスキルアップをはかり、順当に年収アップを狙う
  • 今の職場でスキルアップをはかり、マネジメント経験も積んでから良いタイミングで転職する

というようにすぐに転職する以外の方法も模索する必要があるのではないでしょうか。

退職金や安定的な雇用に価値を感じるタイプなら、今は辛抱するときと考えて経験を積むのも悪くない選択かもしれないね。

そうですね。ご自身の価値観にマッチするスタイルを選べば良いと思います。
 
転職するのも一手ですし、今の会社で資格手当のもらえる資格を取得して収入を上げるというのも悪くありません。
 
大切なことは様々な可能性をまずはあげてみることです。

20代のうちに転職で年収アップする方法

「それでも、どうしても20代のうちに転職で年収アップしたいんだ!」
という人はどうすればよいのでしょうか?

実力成果主義の企業に転職する

完全なる実力主義の企業に転職すれば、実力次第で若いうちから高い年収を得ることができます。

このような実力主義の企業は、外資系企業に多いです。
外資系企業は、研修などで社員教育にコストをかけることは無い代わりに、年齢や勤続年数に関わらず実力に応じた評価を下し、それに応じた報酬を出します。

外資系企業には、日本企業のようなボーナスや家族手当、退職金のような福利厚生制度はほとんど存在しません。

全ては「実力に応じた毎月の給与でまかなってください」というスタンスです。
もちろんその分給与は日系企業よりも高くなります。

ただし日本ならではの終身雇用や年功序列と異なり、会社が従業員を守るというスタンスではありませんから、いざという時には自分で自分の身を守らなければなりません。

例えば病気をした時に病気休暇があり、休んでいる間に傷病手当が出るというような制度はないことも。

家族が増えても扶養手当のような制度がなく、給与の中でやりくりする必要があるということも念頭に置きましょう。

業界1位または2位の企業を狙う

業界1位企業

大企業ならば高収入が必ず保証されているとは限りませんが、収入が上がる可能性は高くなります。

同業界かつ同職種での転職で、売りとなるキャリアを持っていればチャンスはあるはずです。

一般には非公開になっている求人でも転職エージェント経由なら応募できることも多くあります。
 
2社、多くて3社程度の転職エージェントに登録して求人の紹介を受けてみると良いと思います。

転職エージェントについて詳しく見てみる
転職エージェントとは?利用前のよくある疑問や不安を解決します!

年収の高い業種に転職する

20代の転職でも高年収が狙える業界としては、コンサルティングファームが挙げられます。
コンサルティング業界は、他業種からの転職者にも広く門戸を開いているので、チャンスがあると言えます。

もし興味があれば、コンサルティングファームに強い転職エージェントを利用して、キャリアアドバイザーと面談をしてみると良いと思います。
 
現時点でのキャリアの棚卸しができますし、どのような経験やスキルがあればどのくらい年収アップが狙えるかなど、具体的な指針を得られるはずです。

転職成功例と失敗例

実際に20代で年収アップのために転職した事例の中から、成功例と失敗例をそれぞれご紹介します。

Aさんの成功例

転職成功例
20代前半のうちから「いつか年収を上げるために転職しよう」と考えていたAさん。
Aさんは日本の準大手生命保険会社で法人営業職として働いていました。

彼は営業成績も非常に良かったのですが、年功序列に基づく賃金体系で、「自分の実力や成果が会社に正しく評価されていない」と常々不満を感じていたのです。

そこで今の会社で得られる知識や経験を吸収しつつ、転職する時に有利になるように次の3つの準備をしました。

  1. ファイナンシャルプランナーの資格を取得した
  2. TOEICのスコアを600点から750点まで上げた
  3. 金融業界に強い転職エージェントに登録して転職に関する情報を早くから集め始めた

Aさんはこれまでの営業実績と、取得した資格や英語力を武器に転職エージェントの協力を得て転職活動を始めました。

20代前半から着実に進めているところがすごいですね。見習いたいと思います。

企業が欲しがるスキルや経験が何かを早いうちから考えていたAさんの目論見はしっかりと当たり、Aさんの実績を高く評価した2つの企業から現年収を上回る条件を提示され、内定を獲得することができたのです。

Aさんが内定を獲得したのは、

  • 外資系大手生命保険会社の法人営業職
  • 日系の大手生命保険会社の法人営業職

この2社の求人でした。

外資系企業になじめるかを不安に思っていたAさんですが、転職エージェントから社風について細かい説明を受けて不安を払拭し、外資系企業に入社を果たしました。

この会社は営業成績に応じたインセンティブの割合が大きいため、Aさんは前職のままではとても届かない高年収を得ることができるようになりました。

Aさんの成功の秘訣は以下の3点と言えます。

  1. 早い時期から自分の市場価値を上げることを意識していたこと
  2. 転職に必要なスキルや経験を計画的に身につけてから転職したこと
  3. 希望する業種に強い転職エージェントを利用したこと

より高い年収で転職する為には、他社でも通用する実力を身につけなければならないことを理解して身に着けたAさんが成功できたのは当然と言えますね。

Bさんの失敗例

年収アップ転職失敗例
さきほどのAさんとは対照的な失敗例も続けてご紹介します。

Bさんは誰もが知る大手システムインテグレーターで営業職に就いていました。

しかしその企業は部署による年収格差が大きく、花形部署の所属ではなかったBさんは、その企業ではあまり年収が高くない部類に属していました。

そこでBさんはこう考えました。
「俺は大企業に入った実力があるのに、花形部署ではないから年収が低い。このままだと、年収1,000万円にも届かないかもしれない。もっと実力に見合った年収が得られる企業に転職しよう。」

実際のところBさんは入社してまだ3年しか経っていませんでしたから、他社でも通用する実力は十分に備わっていません。
しかし「大企業に入れたんだ自分は実力があるんだ!」とBさんは勘違いしてしまったのです。

これはいやな予感がする・・。

Bさんは大企業に対抗して、実力次第でのし上がれるベンチャー企業に目をつけ、高い給与を得ようと考えていました。

Bさんの自信に反して転職活動は難航しました。
実力が備わっていないのですから、ある意味当然なのですが、引っ込みがつかなくなった彼は何が何でも転職すると決めてしまいました。

そしてようやく内定をつかんだITベンチャー企業に入社したのです。

Bさんは前職では決してできない社員ではありませんでしたが、仕事の質や進め方が異なるベンチャー企業にうまくなじめず実績を上げられませんでした。
そして査定はボロボロで年収を上げるどころか下がってしまったのです。

Bさんが失敗した原因は次の3つ。

  1. 自身の実力を過信してしまった
  2. 他の企業について十分に研究しなかった
  3. 独力で転職活動をしたために、客観的な視点が抜けていた

こうして見ると、転職に成功したAさんとは対照的だね。

もちろんBさんもまだ若いので、失敗を取り返すチャンスがあります。
 
でも読者の皆さんにはできれば、Bさんがしたよな”防げたはずの失敗”は未然に防いでベストな結果を出していただきたいと思います。
 
転職エージェントのキャリアアドバイザーはこういうときに皆さんのお役に立てるはずですよ。

今すぐの転職以外の可能性も含め冷静に考えよう

転職以外の可能性

20代で年収アップのために転職する際の注意点について解説してきましたが、どう感じられましたか?

転職はただ安易にするだけでは問題解決や改善につながらないことがあるということを改めてお伝えしたいと思います。
そして、もうひとつお若い皆さんにお伝えしたいのは、長期的な視点で考えるということです。

「年収が今の時点で低い」という出来事一つをとっても、そこを問題視し過ぎているならば判断を誤る可能性が高くなってしまいます。

「30代になって年収があがるまでの、下積みの時期である」と捉えて割り切ることもできますし、社内でのキャリアアップに有効な資格取得を目指すなど、転職とは異なるアプローチを考えることもできます。

もちろん、今後もあまり年収が上がらない見込みであることがわかれば、転職を視野に入れることも良い選択です。

転職する場合でも、今すぐすべきなのか、それとも自身の市場価値を高めてからする方が良いのか、など考えるべきことはたくさんあります。

客観的な意見や、転職市場の情報を得るためには、転職サイトの情報や、転職エージェントで受けられるキャリアカウンセリングが役に立つと思います。
 
この機会に20代の今、今後のキャリアについて考えてみてはいかがでしょうか。

転職エージェントについての詳しい情報はこちらからどうぞ
転職エージェントとは?利用前のよくある疑問や不安を解決します!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る