年齢的に厳しいと言われる40代女性の転職。成功させた人たちの実体験!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

40代女性で転職を悩む方、多いと思います。
世間では「転職は35歳まで」なんて言われていますし、「移るか、このまま残るか…」で、一番悩む年代かもしれません。

企業としても「40代の新人をどう育てるか」というノウハウがある会社は少ないのが現状で、どうしても敬遠されやすくなってしまいます。しかし、社会人として、人間として「経験豊富」という意味ではとても大きな強みとなります。

今回は、転職を成功させたの40代女性の方に、さまざまな角度から転職について語っていただきました。

社会人経験年数と度胸で「未経験者NG」を突破!

Q1.40代にして転職を考えたきっかけは?

前職は残業の非常に多い営業職。週末出勤もあったりして、プライベートがほぼない状態でした。

仕事は充実していて楽しんで取り組んでいたのですが、気づけば41歳。周りの友人たちがプライベートを堪能していたり、だんだん身体もきつくなってきたと感じたことを機に、ワークライフバランスを考えて転職を考え始めました。

Q2.転職の様子や自分自身で感じた強みは?

「この歳で転職は難しい…」とウジウジしていた背中を押してくれたのは、同僚でした。

前職の在職中に、勤務地は自宅から1時間以内、週末完全休み、残業なしを条件にネットで職探しをしました。

条件に合うのがほとんど経理事務系。簿記2級必須や経験者のみが多かったので、善は急げと簿記の資格を取りました。
今思えば、よく頑張ったなと(笑)

その後、小さい企業で年齢不問の経理事務の面接を3社ほど受けましたが、すべて「経験者採用」。

それを分かっていながら、今まで営業で身に付けたスキルや実績、40代にして簿記2級を取得したことをアピールしたら、2社から採用通知をいただいたんです!

Q3.自身で感じている40代転職のメリットは?

長年社会人をやっていたことで、見知らぬ人にもものおじせず自己アピールできること、条件がクリアできていなくても「もう後がない」精神でチャレンジする根性が身に付いているのが40代だと思います(笑)

なにより、「40代なのに、私まだこれだけ頑張れるんだ」とさらなる自信がついたことが最大のメリットだと、自分では思っています。

〔Yさん、43歳、独身〕

中高年のための転職サイトを徹底チェック

Q1.40代にして転職を考えたきっかけは?

前職はWebサイト編集業務。月末は連日徹夜ということも多く、身体が悲鳴をあげていたことはもちろん、6歳だった息子の世話を母に頼りきにすることにも大きな罪悪感を持っていました。

部下も育ってきて任せられることも多くなったので、ここはひとつきっぱり辞めよう! と思い立ちました。

Q2.転職の様子や自分自身で感じた強みは?

辞めてから半年ほどで「性格的に働いてないとダメだ~」と思い直し、就職活動を始めました。

しかし40代も半ば、よく考えてみればバッチリ中高年(笑)年齢制限のある普通の転職サイトで探すよりも、自分の年齢に見合った年齢や経験を求めている企業を中心に探しました。

そしたらあったのです! 某新聞の求人広告に「健康雑誌の経験者中高年フリー編集者求む」と! 

これだー! と飛びつきました。

雑誌とWebの違いはあったものの、経験と積み上げてきたものには自信があったので、そこをしっかりアピールしました。

Q3.自身で感じている40代転職のメリットは?

今回の転職で感じたことですが、「自分が何をしたいか、仕事に何を求めているか、仕事が人生にどういう影響を与えるか」がしっかり考えて転職活動できるのが40代だと思います。

「40代だから」と諦めるのではなくて、「40代だからこそ」の職の見つけ方は必ずあると思うんです。

〔Kさん、47歳、子ども8歳〕

「これが最後の転職」という気概で職探し

Q1.40代にして転職を考えたきっかけは?

20代、30代で1回ずつ転職を経験しました。いずれも同職種(事務)のスライド転職で、理由は「なんとなく嫌だったから」…

41歳のときも、「なんとなく嫌だから」という気持ちが出てしまいましたが、「なぜ嫌なのか」「残る可能性・メリットはあるのか」「残りたくない決定的な理由はなにか」をしっかり考え、「次の職場で、なんとなく嫌は絶対になし!」と心に決め、転職活動に踏み切りました。

Q2.転職の様子や自分自身で感じた強みは?

大げさですが、これが人生最後の転職活動だと心に決め、信頼できそうな大手コンサル会社3~4社に登録。

なるべく多くの企業の情報を徹底的に収集し、実際に働いている人に会わせてもらったりと、じっくり時間をかけて転職活動を行いました。強みではないですが、「後がない」と思うことで、腰を据えた納得のいく転職活動ができたと思います。

Q3.自身で感じている40代転職のメリットは?

若いころは「企業のイメージ」や「給与の高さ」などで行きたい企業を絞っていました。

入ってみて「あれ? なんか違う…」と思う、それも若さなんですけど…仕事をするうえで一番大切なものは何かが自分なりに分かってくる、自分に合った企業を見る目も養われているのがちょうど40代くらいなんじゃないか、と思います。

〔Oさん、45歳、独身〕

40代の転職を成功させる秘訣とは?


大切なのは、20代、30代と同じ土台で転職を考えない、ということです。

正攻法で行くには、タイミング的に遅いのが現実。しかし、40代には転職に有利な色々な「武器」があります。
その武器を活かすための「秘訣」をご紹介しましょう。

今一度己をしっかり知る

40代は、それまでの経験から「自分のことはよくわかっている」のが強みとなります。しかし、その思い込みが強くて裏目に出てしまうことも。

よくわかっている自分をもう一度自己分析した上で転職活動を進めていけば、説得力のある自己アピールができるし、自分と相手のミスマッチによって転職を失敗するというリスクも回避することができるのです。

人と会うことをいとわない

40代ともなると、人脈が相当広がります。メールや名刺交換はしたけれど、会ったこともないという人も多いはず。

実はその中に転職のチャンスがゴロゴロ転がっているかもしれないのです。

勇気が要りますが、「この人と会ってみたい」という人には断られてもいい! くらいの精神でどんどん打診していきましょう。その人脈が後に大きく化けるかもしれません。

常に「ギブ」の精神を忘れない

人は、ついつい「何かメリットがあるのか、見返りはちゃんとあるのか」と考えてしまうもの。年齢を重ねるにつれて、その気持ちは大きくなっていきます。

40代だからこそ、「企業が私になにをしてくれるか」ではなく、「自分は相手になにが提供できるか、私にできることはなにか」という気持ちを常に忘れずに動きたいですね。

過剰な自己アピールはしない

採用してもらいたいからと、面接のときに過剰に自己アピールしてしまうのは信頼を失うことに繋がります。
また、よく思われようと中途半端に「できます」と請け負ってクオリティーが低かったり、ドタキャンしてしまったりするのもNG。

できないと思ったことは最初からはっきり断ることが大切であり、それが実は「誠実さ」なのです。そこをしっかりできるのも、年齢を重ねてこそ、と言えるかもしれません。

まとめ

40代で転職するリスクばかりに目を向けるのはNGです。

上記のような転職を成功させた方々のお話を見てみると、40代だからこその強みやメリットは多く、転職を前向きに考えられるのではないでしょうか。

40代だけど大丈夫かな…といろいろ考えてしまうのは当たり前ですが、それは逆に考えれば「自分のダメなところに目が行ってしまう=自己分析をしようとしている」「転職できるのかな=これを最後のチャンスにして頑張ろう!」ということに繋がるのです。

鼻息荒く転職活動するより、じっくり腰を据えて自分と企業を分析する「落ち着いた転職」こそが40代転職の強みなのかもしれません。

田崎美穂子
20年近くお堅い出版社で正社員として、主に編集を中心とした業務を担当してきました。 退社後すぐにフリーランスになり、ママ友ネットワークと3児の母である経験を生かし、ワーキングマザー向けの記事を執筆。最近は、美容関係・受験関係の記事も多数執筆しています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る