転職エージェントとは?利用前のよくある疑問や不安を解決します!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
転職エージェント利用

転職エージェントについて、皆さんはどの程度ご存知ですか?

広告を目にする機会も多いので、言葉としては知っている方が多いと思います。

「転職エージェントに興味はあるけれども、利用については二の足を踏んでいる。」
そんな方も少なくないのではないでしょうか。

転職エージェントを利用したことが無い方の多くは、次のような疑問や不安を抱えています。

  • 転職エージェントとは?無料というのは本当?
  • 一部のエリートしか相手にしないのでは?
  • 数あるエージェントからどこを選べば良いの?
  • 何社くらい登録すれば良いの?

人生を大きく左右する転職に先立って慎重になるのも無理はありません。
 
転職エージェントでの勤務経験が長かった私としては、転職に不慣れな方にこそ転職エージェントをオススメしたいと思います。

転職エージェントとは?無料というのは本当?

転職エージェントは人材紹介会社とも呼ばれ、厚生労働大臣許可を得ている、有料職業紹介事業者を指しています。

正社員(もしくは契約社員)のポジションへの転職を希望する人材を企業へ紹介して、入社が成立した場合に、成功報酬として求人企業から紹介料を受け取るビジネスモデルとなっています。

転職希望者は、転職エージェントに利用登録を行うことで、転職活動のサポートを無料で受けられるようになります。

転職エージェントは、下の図のように企業と転職希望者の間でサービスを提供しています。
転職エージェントの役割

理解をより深めるために、企業側と転職希望者側、2つの側面から見た彼らの役割を続けて解説します。

1.企業側から見る転職エージェントの役割

企業は中途採用を行う際、募集するポジションに合わせて、転職サイトやハローワーク、社員からの紹介など、様々なルートを選び採用を試みます。

中途採用に転職エージェントが選択されるケースでは、多くの場合、募集するポジションと求める人材像がかなり明確に設定されており、ピンポイントでの採用を企業は求めています。

転職エージェントは企業に対しては主に次の2つのサービスを提供します。

  • 求めている人材像に近い候補者の選出と紹介
  • 入社に至るまでの、候補者とのやり取りの代行

企業は求める人材が入社に至ってはじめて、成功報酬としての紹介料を転職エージェントに支払います。
 
採用の成果に関わらず、求人広告掲載料の発生する転職サイトなどと異なり、金銭コスト面でのリスクが少ないのも、企業が転職エージェントを利用する理由のひとつとなっています。

2.転職希望者側から見る転職エージェントの役割

転職希望者の転職エージェント

次に転職希望者側から転職エージェントの役割を見ていきましょう。

転職希望者が転職エージェントに登録を行うと、キャリアアドバイザーと呼ばれる担当者が転職活動の支援を行います。
具体的には下のようなものです。

  • キャリアカウンセリングを通じて、転職希望者の経験や希望条件について把握する
  • 最適と思われる求人情報を紹介する
  • 採用考査から入社に至るまでの企業とのやり取りを代行する

企業がハローワークには依頼しないような、非公開求人も転職エージェントには依頼するケースが多いことから、転職エージェントを積極的に利用する転職希望者は多くなっています。

転職エージェントの利用に関して、転職希望者側に利用料金が発生することはありません。
 
一部例外として、ハイクラス求人に特化した転職エージェントの中には、転職希望者から登録料を徴収するところもあるようです。

一部のエリートしか相手にしないのでは?

転職エージェントには敷居が高いイメージを抱いている方も多いのですが、決してそんなことはありません。

20代~30代前半の若者から、30代後半以降の中高年に至るまで、ごく一般的なビジネスパーソンが利用できるサービスです。

近年では、フリーターや既卒、第二新卒などをターゲットにした転職エージェントも見られるようになりました。

現時点では、港湾運送業務、建設業務(現場作業)に関しては職業紹介が法律で禁止されていますが、それ以外の職種はほぼ対象となっています。
 
多くのエージェントで、いわゆるホワイトカラー職種を取り扱っており、(営業職・管理部門・経営・技術職・クリエイティブ関連職など)、ブルーカラー職種については極めて取扱が少ないのが現状です。

何社くらい登録すれば良いの?

複数のエージェントに登録
希望条件が明確な場合など、特化型転職エージェント1社への登録に絞りたくなる方も多いと思います。

しかし求人情報を取りこぼすことを避けるために、まずは複数の転職エージェントに登録するのが無難です。

最初に登録する転職エージェントは2~3社がベスト。
インターネットからの登録自体にはそれほど手間はかかりません。

オススメの組み合わせは、
[1]総合型転職エージェント(次項参照)・・・1~2社
と、
[2]~[5]特化型転職エージェント(次項参照)・・・1~2社

この組み合わせであれば、求人情報の量を担保しつつ、自身の希望や専門性に合った転職支援を受けやすくなるからです。

複数社への登録後に、キャリアアドバイザーの質や相性を考慮して、最終的に1~2社へ絞り込むと良いと思います。
これが主体的に転職エージェントを使いこなすコツです。

数あるエージェントからどこを選べば良いの?

平成27年の厚生労働省の資料によると、全国にある転職エージェントの数は、18,457社にも登ります。

これだけ数多くのエージェントがあると、どこを選べば良いのか迷ってしまいますよね。

では、日本にある転職エージェントを特徴ごとに大きく5つに分類して、オススメエージェントもご紹介していきます。

[1]総合型転職エージェント

業種や職種に特化せず、幅広い求人を取り扱う転職エージェントです。

自分の向き不向きや適性などが明確で無い方や、より多くの求人情報を比較して検討したいという人にオススメです。

総合型は大手エージェントが多く、全国各地に事業所があり、首都圏以外の方でも利用しやすいのもメリットと言えます。

取扱い求人数が群を抜いて多いのが、リクルートエージェントとDODAエージェントサービスです。
定番の大手2社なので、機会損失を防ぐためにも2社とも登録しておきましょう!
エージェント名特徴
リクルートエージェント転職支援実績No.1!求人数10万件以上で国内最大級。
転職を思い立ったら登録しておきたい定番エージェント。
DODAエージェントサービス転職者満足度No.1!転職支援実績、取扱い求人数が国内最大級。
機会損失を防ぐためにリクルートエージェントと併せて登録しておきたい。
type転職エージェント利用者満足度が87%!また利用者の71%が年収UPしている。
パソナキャリア求人3万件以上、転職支援実績25万人。

[2]業種(職種)特化型転職エージェント

IT・金融・医療・外資系など、業種や分野に特化した求人を数多く保有している転職エージェントです。

営業職・エンジニア・医師・看護師・介護士など、職種に特化しているケースもあります。

各分野出身の専門性の高いキャリアアドバイザーが所属していることも多いのが特徴です。

エージェント名特徴
レバテックキャリアITエンジニア・クリエイターに特化。
クリーデンスファッション・アパレル業界に特化。
アンテロープ金融業界に特化。(投資銀行、PEファンド、コンサルティングファーム等)
MS-Japan企業管理部門(経理財務・人事・総務・法務)と、士業(会計士・税理士・弁護士等)に特化。(会計・税務スタッフ含む)
hape(エイプ)20代・30代の営業経験者に特化。
マスメディアン広告・Web・マスコミの転職支援に特化。

求人情報の総数では、総合型エージェントに及びませんが、特化している業種や職種については幅広く求人が揃っていますし、情報も詳しいので比較検討がしやすいと思います。

[3]若手特化型転職エージェント(第二新卒・フリーター等)

第二新卒・既卒・フリーターなど、主に20代の若年層をターゲットにした、転職エージェントです。

社会人経験が無い、あるいは少ない方でも無理なく就業ができるように支援しています。

無料でビジネスマナー研修をしたり、やりたいことがわからないという悩みに対応したキャリアプランニングをしたり、若年層が抱えがちな問題に寄り添うサービスを提供しているのが特徴です。

エージェント名特徴
[第二新卒エージェントneo]既卒、フリーター、第二新卒、20代にオススメ。
ハタラクティブ20代フリーター・既卒・第二新卒など未経験層に特化。(中卒から取扱あり)

未経験・第二新卒でも応募できる求人のみを取扱い、ブラック企業は予め排除してくれるのも大きなメリットです。

[4]エリア特化型転職エージェント

特定エリアの求人に特化したエージェントです。

UターンやIターン希望者も対象として、その地域での生活まで含めたコンサルティングを行ってくれるのが特徴です。

個人では見つけることが困難な地域の優良企業の求人にも明るく、企業との関係性が強いため、独自の非公開求人を持っていることも多いです。

エージェント名特徴
リージョナルキャリア大都市圏から地方への Uターン・Iターンに特化。(エリア不問)
ヒューレックス仙台・宮城を中心に東北地方の求人に特化。
インフィニティ愛知・岐阜・三重・静岡など東海地区に特化。
キャプラ転職エージェント岡山・広島・香川・愛媛の4県を中心とした中四国地方に特化。
アソウ・ヒューマニーセンター福岡を中心とした九州地方の求人に強い。

[5]ハイクラス特化型転職エージェント

目安として年収800万円以上や、部長職以上といった、いわゆるステータスの高い求人に特化した転職エージェントです。
必然的に登録者も高学歴や高収入の層に偏るようです。

エージェント名特徴
JACリクルートメント国内大手、外資系、海外進出企業のハイクラス求人が豊富。
DODAエグゼクティブ経営者層、事業責任者、ビッグプロジェクトのリーダーなどのエグゼクティブ向け非公開求人多数!

各転職エージェントの特徴や得意分野からあなたにマッチするエージェントを探してみて下さいね。

こんな転職エージェントには要注意!

注意すべき転職エージェント
数ある転職エージェントの中には、残念ながらあまり評判の良くないエージェントがあるのも事実です。

口コミサイトもある程度は参考になりますが、書かれていることを鵜呑みにすることは避けて下さい。

なぜなら同じ転職エージェントに登録している場合でも、担当のキャリアアドバイザーによって評価が分かれることが往々にしてあるためです。

ただし、評判の良くない転職エージェントには、ある程度共通していることがあります。

利用を避けた方が良い転職エージェントを比較的容易に見極められるポイント2点を解説します。

1.登録後、何の連絡もして来ない転職エージェント

インターネット上で転職支援の申し込みをした後に、通常であれば転職エージェントから電話やメールで連絡が来ます。

その連絡を受けて、事業所へ出向き、本登録及びキャリアカウンセリングという流れになるのですが、申込後、数日経っても連絡をして来ないケースもあります。

登録受付に関する社内の業務フローは、各エージェントで異なりますが、連絡が来ないケースでは、システムに不備があるか、人的ミスをカバーする体制が不十分である可能性が高いです。

このような転職エージェントは、大切な個人情報を預ける相手として心許ないので、速やかに登録データの削除を依頼して、別の転職エージェントの利用を検討して下さいね。

2.希望とは異なる求人情報をごり押ししてくる転職エージェント

”求められる人材像を正確に理解して、精度の高いマッチングを行った結果、後から売上も自然と付いてくる”のが、転職エージェントのあるべき本来の姿です。

しかし残念ながら、一部の転職エージェントには、とにかく転職できそうなところを、本人の希望を無視してまで紹介するキャリアアドバイザーが存在することも否めません。

転職エージェントは、転職希望者を企業に無事入社させられない限り、企業から紹介手数料を受け取ることができないので、売上を重視し過ぎて不適切な行動に出てしまうケースもありえます。

納得の行く理由も無く、希望とは異なる求人への応募を、キャリアアドバイザーから強く勧められるようなことがあれば、要注意です。
 
その転職エージェントでは、売上をあまりにも重視した経営方針であるか、教育・管理が不行き届きであるケースがほとんどであると考えられます。

上に述べた2つのポイントからは、その転職エージェントが抱える、ずさんな管理体制やモラル上の問題をうかがい知ることができます。

少しでも違和感を感じたら、信頼するに足るエージェントであるかを冷静に評価することが大切です。

併せてこちらの記事も参考にしてみて下さい。

役に立たないキャリアアドバイザーの見分け方
本当に役に立つキャリアアドバイザーの特徴4つ

転職初心者こそ転職エージェントを利用しよう!

転職初心者とエージェント
特に転職初心者にとっては、転職エージェントの専任キャリアアドバイザーの存在が、活動の全過程で心強く感じられることと思います。

転職経験があったとしても、活動中は焦りが出やすいことも災いして、普段より冷静に判断できないことも。

転職エージェントを利用することで、担当アドバイザーに客観的な意見を求めつつ、落ち着いて進めていくと、良い結果にもつながりやすいと筆者は考えています。

各エージェントの特徴や得意分野から、ご自分にマッチする転職エージェントを選んで、ぜひ活用してみて下さいね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る