役に立たないキャリアアドバイザーの見分け方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
役に立たないキャリアアドバイザー

転職活動を進める際に、転職エージェントのキャリアアドバイザーは、転職先のあっせんだけではなく、アドバイスや事務処理、年収交渉まで幅広いサポートをしてくれる、頼りになる存在です。

しかし、注意しなければならないことがあります。
キャリアアドバイザーの力量にはかなり個人差があるということです。

転職は重要なことだから、有能なキャリアアドバイザーと進めていきたいな。

そうですよね!
こんなキャリアアドバイザーは役に立たない!という、具体例をご紹介します。
 
信頼のおけるキャリアアドバイザーかどうかを見分けるために、ぜひ参考にしてみて下さいね。

希望条件と違う求人をゴリ押ししてくる

求人情報をゴリ押ししてくる

誠に残念なことですが、転職希望者の希望にそぐわない求人をゴリ押ししてくるキャリアアドバイザーも存在します。

それはなぜなのでしょうか?

転職エージェントは一般に、転職希望者にはサービスを無料で提供しています。

彼らは転職を成立させた場合、転職者の年収の約3割に当たる金額を、求人企業側から紹介手数料(成功報酬制)として受け取っています。

例えば年収300万円の方の転職が決まった場合、企業は転職エージェントに90~120万円を支払う、ということになります。

ただし転職を成立させてから最低3か月は転職先に在籍したという実績をもって報酬を受け取るという規定がある場合もあります。

乱暴な言い方になりますが、キャリアアドバイザーは、「できるだけ高い年収で転職希望者を求人企業に売りたい」と思っているわけです。

そのため、転職希望者に履歴書の書き方や面接の受け方などの指南をし、年収交渉をして、より高い価値を付けようとします。

年収が高くなることは転職希望者本人にとっても喜ばしいことですが、極端に「利益重視」のキャリアアドバイザーは転職希望者の希望はお構いなしに、とにかく転職が成立しそうな企業の中でより高い年収を提示している企業に「売り渡そうと」するわけです。

・明らかに自分の希望にそぐわない求人しか紹介しない
・なぜその求人を押してくるのか、明確な説明も無い
このような場合は、キャリアアドバイザーが自身の利益を優先していると判断できます。

転職希望者の話にきちんと耳を傾けず、一方的にアドバイスをする

一方的なアドバイス
とにかく人の話を聞かず、自分の過去の武勇伝やアドバイスを延々と話し続けるキャリアアドバイザーもいます。

それらの話には、これから転職する人にとってためになる要素も少なからず含まれているはず。
そのキャリアアドバイザーも、良かれと思って話している場合がほとんどです。

しかし、転職希望者の話をきちんと聞く姿勢を持たないキャリアアドバイザーはNGです。
転職活動の主役は、あくまでも転職希望者であり、キャリアアドバイザーは有利に転職活動を続けていくためのサポート役にすぎません。

転職希望者の、

  • 転職の動機
  • 職業観
  • キャリアプラン
  • 転職に関する希望条件

これらの、転職活動の核となる重要な情報を十分に聞き出せないキャリアアドバイザーは、どれだけ多くのノウハウを持っていたとしても、転職希望者にとって満足のいく転職の実現をサポートできる可能性は低いです。 

対応スピードが遅く、オペレーションが悪い

対応スピードが遅い

転職希望者は、忙しいからこそ転職エージェントを利用して、効率的に転職活動を進めたいと考えていることがほとんどです。

そして転職はスピードが命と言っても過言では無く、スピードが遅い場合、例えば希望していた求人の募集が終了してしまうなど、機会損失のリスクが高まることがあります。

だからこそ、キャリアアドバイザーの対応スピードとオペレーションに問題が無いか、転職希望者は注意して見極める必要があります。

キャリアアドバイザーは、多くの転職希望者を担当し、常に多数の案件を並行して進めるため大変忙しいのは確かです。求人企業を訪問したり、社内では事務処理に追われることも。

ですから意識的に努力をしない限り、転職希望者一人一人にかける時間を十分にねん出できません。
能力と努力により対応に個人差が出やすい職業なのです。

・面談前に、転職希望者の履歴書や職務経歴書を読み込んでこない
・メールへのレスポンスが常に遅い(1営業日以上の場合は要注意)
 
このような行動をとるキャリアアドバイザーは時間管理や、タスクへの優先順位付けが得意でないと考えられるので注意が必要です。また、時間管理に問題が無かったとしても、正確性に欠ける場合も、良いキャリアアドバイザーとは言えません

このようなキャリアアドバイザーは多くの場合、転職希望者のみならず、求人企業側とも十分な信頼関係を築けていないため、有利に転職活動を進めるためには役不足と考えて間違いありません。

希望業種や職種に関する専門知識や経験が不十分

専門知識が不十分

せっかく担当してもらうなら、自分の希望する業種や職種の事情に明るいキャリアアドバイザーが良いと誰しもが思うものです。

転職エージェントも、転職希望者の経歴や希望を考慮して、担当のキャリアアドバイザーを割り当てますが、必ずしもマッチするとは限りません。

もちろん、キャリアアドバイザーは自らの担当分野の情報収集に努めているものですが、もしも不安に感じたら、面談の際にキャリアアドバイザー自身の経歴についても遠慮をせずに質問してみましょう。

キャリアアドバイザーの専門知識や経験が不十分な場合、

  • 職務経験について現実的な評価をしてもらえない
  • 求人情報への理解が表面的なレベルにとどまっており、ミスマッチな求人をすすめられる
  • 不採用となった場合に、理由を的確にフィードバックできず、以後の参考になりにくい

といった、デメリットが生じます。

キャリアアドバイザーとのミスマッチを避けるためにも、あらかじめ自分の希望業種や職種に強い転職エージェントを探して登録しましょう。

良いキャリアアドバイザーに出会うために

良いキャリアアドバイザー

ここまで、役に立たないキャリアアドバイザーの見分け方について紹介しました。

繰り返しになりますが、ハズレのキャリアアドバイザーに当たってしまったら、迷わず担当を変えてもらいましょう。担当を変えてもらったからと言って、「良い求人を紹介してくれなくなるのではないか」などと心配する必要はありません。

転職エージェントは、転職を成功させれば利益が出るのですから、転職エージェントとしても、転職希望者が活動しやすい状況になる方が良いのです。

そして転職エージェントには、最初はぜひ複数登録してみて下さい。希望する業種や職種に強みを持った転職エージェントを選ぶこともどうぞお忘れなく。

自分に合うエージェントを探す方法などがわかる、こちらの記事も併せてどうぞ
転職エージェントとは?利用前のよくある疑問や不安を解決します!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る