アルバイトから社員登用を狙う方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

今、転職活動で苦戦を強いられていて次のようなケースに当てはまる方に、オススメの転職方法を今回はお伝えします。

  • アルバイトやパートなどの非正規雇用の仕事ばかり続けてしまった
  • チームリーダーなど責任のある仕事をせず、未経験でもできる仕事しかしたことがない
  • 転職ばかりしていたため、長く続けた仕事がない
特に30代以降では、上のようなケースに当てはまる場合、転職の書類選考で落ちてしまうことも多いのではないでしょうか?
 
転職活動がなかなかうまくいかない場合は、活動の方針を思い切って変えてみるのも一手。
 
今回は、「アルバイトから社員登用を目指す方法」について詳しく解説します。
遠回りのように見えて、メリットも多い方法です。

僕もそろそろ正社員を目指して転職活動をしたいので参考になります。
ぜひ教えてください!

あなたの転職活動の打開策となりますように!!

実は手堅い手法!アルバイトからの社員登用

コアなスキルが身についていないまま年齢を重ねている場合、転職活動がなかなかうまくいかないならば、活動自体を見直すべきときが来ているのかもしれません。

「正社員でなければ!」というこだわりのために、これまでうまくいかなかったのならば、一度そのこだわりを捨てることを選択肢に入れてみるのも悪く無いと思います。

正社員の求人情報の中から自分に合ったもの企業を探し、履歴書を送り、面接を受けるだけが、転職活動ではありません。
まずはアルバイトで入社し、実績を積んだ後に社員登用を狙うという方法もあります。

管理職レベル以上の求人を除けば、多くの職種でアルバイト登用があります。

その場合、必ず、「正社員登用制度」がある求人を選ぶように注意して下さい。

実際には正社員登用制度が無くても、登用の実績がある企業も多いようです。
応募の時に確認してみて下さいね。

採用ハードルの低さを利用する

アルバイトとして自分がやりたい仕事についてみるのもチャンスを広げる良い方法です。

自分がやりたい仕事に正社員として転職することは難しくても、アルバイトとしてなら採用されやすくなります。

正社員よりも給与面や待遇面で条件が悪くなるかもしれませんが、アルバイトでも仕事の経験を積むことはできます。

正社員での採用にこだわって、無職の期間が長くなるより、まずはアルバイトとして仕事の経験を積める方がプラスになると考えられるね。

そしてアルバイトとしての働きぶりを上司から認められれば、正社員に登用される可能性も高まります。
正社員登用を目指してアルバイトで入社するのは、実は手堅い手法なのです。

アルバイトから社員を目指すメリット4点

非正規雇用であるアルバイトに、ネガティブなイメージを持っている方も多いはず。
でもアルバイトから社員を目指すことには、こんなに良い面もあるのです。

メリット1.学歴や経歴に関係なく、実力で正社員の座を勝ち取ることができる

一般的なの転職活動では、面接官は履歴書や面接で話すことでしか転職希望者の人となりを判断することができません。
すると、どうしても学歴や過去の経歴に面接官は注目してしまいます。

学校を中退していたり、転職を繰り返していたりすると、実際に仕事のスキルが高かったとしても評価されず、不採用になってしまうこともあるのです。

アルバイトを経て正社員を目指す場合、学歴や経歴などはほぼ関係なく、仕事ぶりを直接評価されることになります。
 
つまり実力で正社員の座を勝ち取ることができるというわけなのです。

学歴や経歴が原因で選考に落ちることが多かった方には、アルバイトからの正社員登用はかなりおすすめできます。

メリット2.採用ハードルが低いので入社しやすい!

採用ハードルが低い

正社員よりもアルバイトの方が求められるスキルなどのレベルが低く、未経験者でもOK!という求人も多数あり、採用される可能性がぐっと高くなります。

採用ハードルが低い分、自分が興味を持てる業種や職種を選びやすくなるのも大きなメリット。

新しい店舗や支社を開設した場合、一度に大量の募集がかかることもよくあります。
そういった大量募集の場合、オープンに間に合わせるために履歴書の審査や面接が甘いことがあり、さらに採用されやすくなります。

メリット3.職場をよく知ることができ、ミスマッチを防げる

職場の雰囲気や仕事のやり方などを知りたいと思いながらも、一般的な転職活動ではなかなか内部情報を知ることはできません。
実際に、転職後に雰囲気になじめなかったり、仕事の内容が想定していたものと違ったりして、転職に失敗したと感じる人は多いのです。

アルバイトからの正社員登用では実際に現場で働くことができるから、ミスマッチは起こりにくい。
これは大きなメリットだと言えるね。

例えば、次のようなことは、求人情報に形式的に書いてあることだけでは実態がつかめません。
アルバイトとして実際に働くことで、正社員の人たちから様々な情報を得ることができるます。

  • 職場の人間関係
  • 仕事の進め方
  • 給与水準
  • 職場環境
  • 残業の実態
  • 実際につく手当て
  • 有給休暇の取りやすさ
  • 育児休暇を取りやすい環境かどうか

このように、アルバイト期間に職場を直接見ることができるというのは、非常に大きなメリットなのです。
当然ブラック企業対策にもなります。

アルバイトとして入社してみて、しばらく仕事を経験して自分に合わないと思ったら正社員より辞めるのも簡単です。
 
ただしアルバイトだからと言って安易に転職をするのはおすすめできませんから、転職先を選ぶ時は慎重に選んでくださいね。

メリット4.社員から可愛がられ、人間関係で有利になるかも

人間関係で有利

アルバイトから正社員に登用されるためには、一生懸命働いて他の正社員の人たちに仕事のやり方を聞いたり、勉強したりする必要があります。

前向きな姿勢で正社員になろうと頑張っている人がいれば、他の正社員たちは温かく見守ってくれて、応援してくれるかもしれません。

上司や先輩の正社員たちにあなたのやる気が伝われば、仕事を覚えることができるだけでなく、人望や人脈を勝ち取ることができるはず。
そうなれば正社員になった後も断然働きやすくなることうけあいです。

アルバイトから正社員になるには相応の努力が要るけど、人間関係を構築しやすい点は一般の採用ルートでは得られないメリットと言えるね。

正社員への昇格を勝ち取るために

アルバイトから正社員に社内昇格するためには、実際にはどうしたらいいのでしょうか?

上司や先輩たちに認めてもらうための心得をご紹介します。

「できる奴」と思われることがまずは大切です。

しかも「できる奴」になる努力をすると、自然と「できる奴」に本当になることができるものです。
 
そのために押さえるべきポイントはどれも基本的なことばかりですが、これを徹底することが大事です!

1.仕事を教えてもらったら必ずメモを取る

メモを取る

仕事を覚えるためにメモは絶対に取ってください。
やる気を印象付ける効果はもちろんですが、知識を確実に身につけるために必須です。

メモは後で見直して整理し、自分だけのマニュアルを作って知識を蓄積していくようにします。
何度も同じことを聞くのは論外です。

2.わからない時には安易に「わかりました」と言わずに、わかるまで聞く

仕事を教えてもらった時に「いまいちわからなかったけど、わからないなんて言いづらい・・・」とわかっていないのに「わかりました」と言うのは、良くありません。

本当にわかっていなければ、教えてくれた人の労力も無駄になってしまいます。
「すみません、ここがよくわからなかったのですが」と、しっかり聞き返しましょう。

3.報告・連絡・相談の『ほう・れん・そう』はしっかりと

ほうれんそう

報告・連絡・相談は社会人に絶対必要な基本動作ですが、意外とできていない人も多いのです。

単なる業務終了報告なのか、仕事内容に変更があったなどの連絡なのか、仕事の方針についての相談なのかをしっかりと区別し、その時の状況に合わせた『ほう・れん・そう』をしっかりと行いましょう。

4.「何もしない時間」はなくす

仕事がない時間というのもあるかもしれませんが、そんな時も掃除をしたり、普段できない書類整理をしたりと、必ず何かやることがあると思います。

仕事を探して取り組む姿を見せていると、「あいつはできる奴だな」という印象を周囲が抱いてくれます。

あまり、頑張りすぎるのも良くありませんから、無理しない程度に仕事を見つけてやってみてください。

5.挨拶と笑顔!

基本中の基本ですが、一緒に働きたいと思ってもらうには、やはり挨拶と笑顔は大切。
大変なときこそ、さわやかな挨拶と笑顔で、職場を明るくする役割を担っているつもりでがんばりましょう。

確かに基本的なことばかりだけど、全てを徹底する意識を持つのとそうでないのでは、周囲に与える印象にだいぶ差が出そうだね。

注意点!社員登用の制度と実績は調べておこう

登用実績を調べておく

良い点ばかりに思える社員登用制度ですが、当然注意しなければならない点もあります。
言うまでもないのですが、必ず社員になれるわけではないことです。

これに関して注意が必要なのは次の2点。

  1. 正社員登用の基準について確認する
  2. 登用実績を確認する

1.正社員登用の基準について確認する

正社員登用にあたり、試験合格をはじめその他の明確な基準が設けられている企業と、上司の判断に委ねられている企業とがあります。
あとで、「こんなはずじゃなかった・・。」とならないために、面接などで確認しておく必要があります。

2.登用実績を確認する

ここ数年で、どんな人が、何人、社員登用されたのか、具体的な数字を確認しておきましょう。
これも面接の際に聞くことができるはずです。

登用制度があっても、実績が無ければ、名ばかりの制度であり、期待できません。
必ず実績は確かめることをお忘れなく。

転職活動の打開策になるかも!

学歴や経歴で不利になりやすい方は、転職活動が難航して、八方ふさがりな気分になってしまうことが多いようです。
でもチャンスは意外にもたくさんあることが今回の記事でおわかりいただたのではないでしょうか。

アルバイトから社員登用を目指す方法は、一見リスキーに思えるかもしれません。
 
しかし王道の転職活動にこだわって、結果を出せないまま時間が過ぎているのならば打開策のひとつとして検討してみてはいかがでしょうか。

ありがとうございました!
転職活動の選択肢のひとつとして、検討してみます!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る