キャリアアドバイザーとの上手な付き合い方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
キャリアアドバイザーとの付き合い方

転職エージェントを利用して転職活動をする場合、担当キャリアアドバイザーからサポートを受けながら転職活動を行うことになります。

キャリアアドバイザーにどこまで頼って良いものか・・。
 
彼らとの上手な付き合い方が知りたいです。
キャリアアドバイザーの能力を、自身の転職活動に最大限活かすためには、
・まず彼らの役割について理解を深める
・キャリアアドバイザーに「力を尽くして応援したい!」と思わせる
 
この2点を転職希望者が意識すると良いと思います。

転職エージェントは常に多くの転職希望者を抱えているため、どうしても多少の優先順位を付けて、対応せざるを得ない状況なので、好かれている方が応援してもらいやすいのは事実です。

元キャリアアドバイザーの筆者が、キャリアアドバイザーの役割についてはもちろん、さらに一歩踏み込んで、彼らに好まれる人物像や、上手な付き合い方についても解説します。

転職エージェントでのキャリアアドバイザーの立ち位置

下の図は転職エージェントの体制を表したものです。これをもとにまずはキャリアアドバイザーの立ち位置を確認しましょう。

キャリアアドバイザーの立ち位置

上の図のように、多くの転職エージェントでは、「人材側」と「企業側」に異なる担当者を配置しています。

※中小規模の転職エージェントの中には、人材も企業も一貫して一人の担当者が対応する体制を取るところもあります。

転職希望者が主に接するキャリアアドバイザーは上の図に示した「人材担当」を指します。そして同図の「企業担当」(リクルーティングアドバイザーとも呼ばれます)が、企業側の窓口担当者となっています。

転職エージェントでは、人材担当が人材側から、企業担当が企業側から、それぞれ収集した情報を活用することで、転職希望者と求人企業のマッチングを実現しているのです。

人材担当であるキャリアアドバイザーの役割

人材担当の役割

転職エージェント内でのキャリアアドバイザーの立ち位置をご理解いただけたところで、彼らの役割について詳しく見ていきましょう。

キャリアカウンセリング

転職希望者と面談し、経験やスキル、希望条件を明らかにしていきます。中長期的なキャリアプランについても相談に乗り、助言を行います。転職希望者の性格や志向についても把握に努めます。

求人情報の紹介

転職エージェントの保有する膨大な求人情報の中から、転職希望者の経験や希望条件に合う求人情報を検索し、紹介します。

応募書類の添削

転職希望者の作成した履歴書や職務経歴書などの応募書類を、転職のプロの視点から添削し、完成度を高めます。

実際に求人に応募する際は、書類選考の通過率を上げるために、応募先企業に合わせた修正を指導することもあります。

応募手続き、面接日のコーディネート

転職希望者の同意を得て、求人企業に応募書類を提出します。面接の日程調整も代行します。

面接でのマナーや話す内容についての助言を行うほか、可能な場合は面接に同席もします。

各種交渉の代行

年収などの雇用条件、入社日など、転職希望者本人に代わり、企業と交渉を行います。キャリアアドバイザーが介在することで、直接聞きにくいことを質問することができます。

このように、キャリアアドバイザーは転職活動の全ての過程で、転職希望者をサポートする役割を担っています。ぜひ遠慮せずに大いに彼らを頼ってみて下さい。

キャリアアドバイザーに相談すると良い点

相談すると良い点
キャリアアドバイザーに頼りたくても、「どこまで質問や相談をしていいのかわからない」という疑問や、「こんなことを聞いたら他力本願な人物と思われるのではないか」という不安を抱えてしまう方も少なくないようです。

ここではキャリアアドバイザーに相談しても良いこと、むしろ聞いた方が良いことについて紹介します。

面接には何を着て行ったらいいの?

面接を受けるのが久しぶりな場合など、着ていく服やカバンについて悩むよりも、転職のプロに聞く方が安全で確実です。

あの企業の面接官はどんな人?

転職エージェントは、企業の人事担当者に関する詳しい情報も持っています。人事担当者が面接官になる場合がほとんどですから、面接官の情報を聞いてみることをオススメします。

面接でどんなことを聞かれやすいか?という質問もOKです。必ずしも面接を有利に進めることができるとは限りませんが、面接を受ける前に少しでも安心できる材料になります。

前任者はなぜ辞めたの?

企業で求人が出たということは、前任者が何らかの理由で辞めたか、増員の必要があるかのいずれかです。

もし前者が要因ならば、前任者の退職理由は、入社を検討する人にとっては非常に重要な情報になります。

なぜならその情報は、ブラック企業と言えるような職場環境であるかどうか、判断する材料になるからです。

有給休暇は取りやすい雰囲気?

面接を受ける企業の内部事情は聞いておいた方が安心です。仕事内容などは聞きやすくても、「休みやすいか?」といったことは聞きづらいことだと思います。

そういうことは、キャリアアドバイザーを通して質問するのがオススメです。

やる気が無いと思われる心配がある場合は、「前職が忙しすぎて体を壊したことがあるので」や、「子供がまだ小さいので」など、休みについて質問する理由を説明するもの賢いやり方です。

育児に対する理解はある?

女性にとって特に気になるのが、職場の育児に対する理解度です。

例えば子どもの体調不良時の対応など、育児中の方にとって働きやすさを左右することですので、ぜひ積極的に聞いてみましょう。

どんな人事評価方法になっているの?

企業の人材育成に関する考え方が表れますので、ぜひ聞いておきたいポイントです。

人事評価に関連して、社内外の研修制度にどんなものがあるかなども、キャリアアドバイザーを通じて詳しく聞くことができます。

このように、かなり細かいことも対応してもらえるので、疑問に思ったことはキャリアアドバイザーに質問をぶつけてみて下さい。

キャリアアドバイザーが好む転職希望者とは?

キャリアアドバイザーに好かれる

冒頭でも触れたように、転職エージェントでは常に多数の転職希望者を支援しているので、転職希望者にとってはライバルが多数いる状況と言えます。

人対人のサービスですので、”キャリアアドバイザーに好かれる”ことも意識して彼らと付き合うことで、より良いサービスを受けやすくなります。

実際に筆者がいた転職エージェントでも、キャリアアドバイザーに好かれる転職希望者は、同じような経歴やキャリアを持つ転職希望者と比べても、より優先的に対応されているのが実情でした。

では、キャリアアドバイザーに好まれやすい人物像について見ていきましょう。

1.積極的な姿勢である

積極的な姿勢は、仕事をする上でも大切で、企業の面接官にも良い印象を与えるので、キャリアアドバイザーにとっても支援のしがいがある人物として映ります。

また積極的に連絡を取ってくる転職希望者は、転職へのモチベーションの高さを感じさせるため、優先的に対応してもらいやすくなります。

2.レスポンスが早く、正確である

キャリアアドバイザーはボランティアでは無いので、転職する気の乏しい人物に多くの時間や手間をかけることはなるべく避けたいと考えています。

前項の積極的な姿勢にも通じますが、キャリアアドバイザーは転職希望者のメールや電話へのレスポンスの早さと、転職へのモチベーションの高さとを比例させて捉えます。

そのため、早く正確なレスポンスをすることで、キャリアアドバイザーのやる気を引き出すことができます。

3.主体性を持っている

キャリアアドバイザーにはどんどん質問を、とは書いてはいますが、あくまでも主体性を持って転職活動に臨んでいることが前提となります。

自身の意見をまず持った上で、客観的なアドバイスを受けるようにするとキャリアアドバイザーにとって好印象です。

筆者の経験上、企業の面接官が最も嫌うのが、自分の頭で考えずに指示を待つタイプですので、キャリアアドバイザーから主体性について問題があると判断されれば、企業の紹介を受けにくくなると考えて間違いありません。

4.第一印象が良い

多くの転職エージェントでは、登録の際にキャリアアドバイザーとのマンツーマンの面談を設けています。

転職希望者のキャリアや希望条件、キャリアプランについて確認する一方で、キャリアアドバイザーは「転職希望者の第一印象」もしっかり見ています。

基本的なことですが、「姿勢が良い」「身だしなみが整っている」「話し方の印象が良い」といった、社会人としてもマナーが身についていると第一印象が良いものです。

キャリアアドバイザーは転職希望者のキャリアについてだけでなく、面談の際に受けた印象についても、社内のデータベースなどに入力して共有しますので、なるべく良い印象を与えられると有利になります。

5.適切に情報を開示して共有に務める

他の転職エージェントを並行して利用する場合や、自己応募も行う場合など、キャリアアドバイザーに後ろめたさを感じて、それらの情報を隠してしまう人がいます。

しかし実際には、他での進捗情報も含めて情報を共有する方が、キャリアアドバイザーと転職希望者の双方にとって有益です。

なぜなら、キャリアアドバイザーは全体の進捗を把握することで、より適切な助言をすることができるからです。

真摯に情報共有に務める転職希望者は、キャリアアドバイザーから信頼されることはあっても、敬遠されるようなことは無いのでご安心下さい。

キャリアアドバイザーを味方に付けよう!

ここまでキャリアアドバイザーに好まれる人物像を紹介しましたが、筆者がいた転職エージェントでは、キャリアアドバイザーに”NG人材”と認識され、登録はされていても事実上サポートを受けられなくなってしまった転職希望者も時折見受けられました。

「約束や時間を守らない」「身だしなみに問題があり、助言しても改善されない」
「経歴に虚偽の記載がある」
などと言った理由から、”企業へ紹介するに足る信頼性が無い人物”と判断し、社内でも情報共有を行い、企業への紹介を控えるという暗黙のルールがあるのです。

恐らくは、他の多くのエージェントでも同様のルールがあるものと思います。
転職エージェントがやむを得ず、こういった対応を取るのも、転職希望者と企業をつなぐ目に見えないサービスを提供し、信頼関係を非常に重視するという背景があるからに他なりません。

これから転職エージェントを利用する方は、ぜひこの記事で紹介したポイントを押さえ、キャリアアドバイザーと上手に付き合い、心強い味方になってもらえるように働きかけてみて下さい。

自分に合う転職エージェントの選び方などがわかる、こちらの記事もオススメです
転職エージェントとは?利用前のよくある疑問や不安を解決します!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る