30代の転職で成功できる人

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
30代転職成功

30代は「即戦力候補」として中途採用で常にニーズの高い年代です。

一般的に20代はまだ経験が不足しており、40代になると考え方や仕事の進め方が固まってしまうというイメージを企業側は持っています。

  • ある程度の実績があり、1人で仕事をこなすことができる「経験」
  • 新しい環境に適応しやすく体力も十分ある「若さ」

30代はこれらを兼ね備える、まさに「旬」な人材なのです。

30代って転職市場でモテモテなんだね!
転職エージェントの経験から、どのような30代の人材が企業から求められているのかを今回はご紹介します。

企業から特にニーズの高いのが、次に挙げる3パターンに当てはまる人材です。

  1. 海外勤務ができる30代
  2. マネジメントができる30代
  3. 問題解決能力が高い30代

これらの人材は引く手あまたのため、年収アップも十分に見込めます。
現在30代の方はもちろん、20代の方にもぜひキャリアプランの参考にしていただければと思います。

海外勤務ができる30代

海外勤務ができる30代
企業の海外進出が進む中、海外勤務のできる30代人材へのニーズは高まっています。
一方、転職希望者の中に海外勤務を希望する方は決して多くはありません。

そのため転職希望者にとって有利な転職になるケースが多いのです。

30代で海外勤務を伴う転職をするメリット

もし少しでも「海外で働いてもいいな」と思える場合は、海外勤務を検討するのも面白いと思います。

海外勤務ができる転職希望者は、相対的に少ないので、次のようなメリットがあります。

  1. 採用のハードルが高い大企業でも、海外勤務を希望すれば入社できる可能性が高まる
  2. 収入を一気にアップさせられる可能性がある

大企業に入るチャンス!

大企業の海外拠点で働く

中国や東南アジアなどに新たな工場や支社を作ろうとしている大企業の多くで、現地の日本人社員が不足しています。

  • 日本流の効率の良い方法を指導して、現地スタッフをまとめる
  • 現地向けに商品やサービスを開発するため、情報収集を行い、日本本社とのパイプ役も務める

このような重要な役割には、まだこれから外国語を学ぶことができて、異文化圏に順応できる柔軟さを持ち、マネジメントもできる30代が適任なのです。

ところが30代になると、家庭を持ち、自宅を購入する人も多く、海外勤務を希望しない人がほとんどなのです。

既存の社員を海外支社へ赴任させたとしても、なるべく早い帰国を希望する社員が多く、日本人社員を長く海外に赴任させることが難しくなっています。

企業側としては、海外拠点で重要な任務を任せる日本人社員に、長いスパンで経営を任せたいと思っているので、海外勤務のできる30代人材へのニーズは非常に高いというわけです。

仮に有名大学出身ではなくても、
・バイタリティ
・語学力(または語学力を身につけようとする高いマインド)
・マネジメント力これらを備えていれば大企業に転職するチャンスは十分にあります。

年収アップも見込める!

年収アップも見込める

大企業に入ればより高い年収を得るチャンスも高まります。
海外勤務の場合は、住居費や年に1~2回の帰国費用なども会社で負担する場合がほとんどです。

年収が上がるだけでなく、可処分所得が増えるので、生活の質が一気に向上する実感を得られます。
また中国や東南アジアは物価も安いため蓄財にも適しています。

年収アップは魅力的だけど、海外での生活に不安も感じるし、普通の転職に比べると心理的なハードルが高いな。
そう感じるのも無理は無いですよね。
海外勤務の求人は転職エージェントを通して応募するのが無難だと思います。企業への質問もしやすいので、不安を解消しながら進めることが可能ですよ。

マネジメントができる30代

多くの企業でマネジメント経験が求められている

次の2点を満たす30代の転職希望者は、転職市場で引く手あまたです。

  • 単なるプレーヤーではない、マネジメントを意識して仕事ができる人材
  • チームプレーに必要な高いヒューマンスキルを持つ人材

「優れたマネジメント力を持つ人材がなかなか育たない」という悩みを抱えている企業は少なくありません。
そのため中途採用でも常に「管理職」や「管理職候補」の求人が数多く出ています。

特に30代後半の場合は一定のマネジメント経験を求める企業が多いのが実情です。
経験がある場合には、職務経歴書に以下のようにまとめると良いです。

  • 役職名
  • マネジメント人数
  • どのような指導や管理を行ったのか
指導・教育といったマネジメント経験に加えて、部下の給与査定に携わった経験があると、非常に良いアピールポイントになります!相応の責任を負っていたことが明確になり、評価されやすいのです。
 
もし給与査定経験があれば、忘れずに職務経歴書に盛り込みましょう。

マネジメントを20代のうちから意識しておこう

マネジメント経験を積む
今20代の方はプレーヤーとして仕事の経験を重ねる時期ですが、同時に「マネジメントを意識する」ことがとても大切です。

マネジメントを意識している人は、「仕事をどうこなすか」だけではなく、「何を目的に仕事をするのか」を大事に考えています。

その仕事が会社にどれだけの利益をもたらしているのか、という仕事のバックボーンの理解に努めましょう。
一人でできる仕事量の限界を知り、チームプレーの重要性を理解することも必要です。

チームをまとめ上げたり部下を教育したり、他の部署と連携したりするために必要な「ヒューマンスキル」や「コミュニケーションスキル」を日々仕事の中で磨く意識を持つと良いと思います。

自身のマネジメントへの意識を客観的に見てみよう

「あなたは、会社の利益を出すためにどういった工夫や努力をされていましたか?」
という質問について、あなたならどう答えるでしょうか?

この質問は、実はある企業の人事が、マネジメントへの意識を確認するために面接で必ず聞く質問です。
答えの内容で単なる「プレーヤー」なのか「マネジメントを意識している人」なのかが、わかると言います。

マネジメントへの意識を客観的に見るためにぜひ考えてみて下さい。

「プレーヤー」タイプの人はこの質問には答えに詰まることが多いです。
仮に工夫や努力について答えたとしても、「それらがどのように会社の利益につながるのですか?」と突っ込んで聞くと答えられないのです。

十分なマネジメント経験が無い場合、現職に留まり経験を積むことを優先する方が長い目で見ると良い場合も。
 
キャリアプランについては、転職エージェントに登録し、専任のキャリアアドバイザーに相談するのがオススメです。

問題解決能力が高い30代

マネジメント経験の他に、身についていると転職に有利なのが「問題解決能力」です。

企業が求める「問題解決能力のある人材」とは次のような人物像です。

問題解決能力

  • 問題に対して、最小限の労力とコストで最大限の効果を得る解決策を見出すことができる
  • その解決策を仕事に組み込んで、同じ問題を二度と起こさないようにすることができる
  • 問題を未然に防ぐことができる

20代では経験が十分でなく、40代では既存のやり方を自ら変えることが難しくなる傾向にあるため、経験を活かし新しいやり方に挑戦する気概のある30代を企業は求めています

企業の抱える悩み

企業の人事担当からよく聞く悩みは、
「問題が起きたときうまく解決してくれる人材が欲しいが、なかなかいない。」
「問題を解決できる社員はいるが、その社員が異動してしまうと元の状況に戻ってしまう。」
といったものです。

同じようなミスが起きそうだなと社員の誰もが思っているのに、仕事のやり方を変えたり、部署内に周知する手続きが面倒という理由で放置され、また同じミスが起きてしまう。

特に仕事のシステムが確立し、大規模組織のため仕事の分担が厳密な縦割りになっている大企業ほど、そのような弊害が多いのではないでしょうか。

マネジメント力を持つ人材と同じように、問題解決能力を持つ人材もまた、なかなか育たないと企業は悩んでいるのです。

問題解決能力のアピール方法

問題解決能力ってどうやってアピールすれば効果的に伝わるのかな?
職務経歴書上で問題解決能力をアピールするために、「最も苦労したこと」を活用しましょう。
  • どのような問題が起こったのか
  • 原因をどのように判断したのか
  • 解決するためにどのように行動したのか
  • 結果的にどのように状況が改善したのか

上記の点を踏まえて、事実を具体的に記述します。
売上など具体的な数値を入れられる部分は入れたほうがより説得力が出ます。

人事は苦労話を聞きたいわけではないので、感情的な文面にならないように注意すると良いでしょう。

問題解決能力をアピールすることで

  • 洞察力
  • 論理的思考能力
  • 行動力
  • コミュニケーション能力

といったポテンシャル能力も同時にアピールすることができるので、採用される確率もぐっと上がります。

あなたの強みを活かして転職を成功させよう!

30代で転職成功

海外勤務もいとわないフットワークの良さや、マネジメント経験、問題解決能力に自信がある方は、転職市場で高い価値を持っているということを自覚できたのではないでしょうか。

一方で自分の強みがはっきりとわからなかったり、現時点でのキャリアに自信が持てない方もいらっしゃることと思います。

やみくもに転職回数を増やすことはキャリア形成上避けたいことですので、転職活動を始める前にプロにキャリアプランの相談をするのがオススメです。

転職エージェントに登録をすると、専任のキャリアアドバイザーに相談することができますし、利用にも費用がかかりません。

あなたが気づいていない強みを見つけてもらえたり、どのように企業にアピールすれば良いかなど具体的なアドバイスをもらうことができます。

30代の転職市場には求人も豊富でチャンスは多いです。ぜひ転職エージェントを利用して転職成功を勝ち取っていただきたいと思います。
転職エージェントとは?利用前のよくある疑問や不安を解決します!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る