「転職35歳限界説」を転職エージェントの立場から考える

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
35歳転職限界説

転職活動は35歳が限界であるとする、「転職35歳限界説」をご存知でしょうか。

転職サイトなどのメディア上でも、「転職活動をするなら若いうちに。なるべく35歳まで。」といった記述は多く、広く一般に知られているようです。

インターネットの質問サイトでも、転職の可否を尋ねる質問が多く見られ、年齢への不安を抱える転職希望者が少なくないことがわかります。

35歳以上では転職はあきらめた方がいいのかな?

実際は35歳以上で転職を成功させることは十分可能です。
少子高齢化が進行中の現在は、優秀な人材は年齢を問わず採用されるチャンスが従来より上がっています。
 
大手転職サイトを運営するエン・ジャパン株式会社が、30代~40代をメインターゲットとした「ミドルの転職」というサイトを立ち上げたのも、時代のニーズを反映していると思います。
 
若年層とは異なる戦略が必要なので解説していきますね!

平均的な35歳の姿

平均的な35歳

まずは日本のビジネスマンの平均的な35歳の姿をイメージしてみましょう。
35歳と言えば社内ではそろそろ中堅クラスと言われる年齢です。

ほとんどの人が新卒で入社するのは高卒18歳・大卒22~23歳でしょうから、社会人としては10年以上の経験を持ち、ビジネススキルを年相応に身につけている状態です。

中には一つの組織を任され、マネージャーとして活躍している人もおられます。
社会人として最も脂の乗っている時期といっても良いと思います。

これまで培った経験や知識を武器に、最前線でバリバリ活躍できる年齢、それが35歳であると言えます。

年齢に関する企業の本音

企業の年齢制限

応募条件が35歳くらいまでとなっている求人には「長期育成によるキャリア形成を図るため」という文言が明示されていることが多く、企業が一定の基準で年齢制限を行っていることを裏付けています。

企業はなぜ年齢で制限をかけるのでしょうか。
転職エージェントとして聞いた企業の本音は次のようなものでした。

  • 一般論として、会社の方針に多少疑問を感じながらも忠実に前線で働くことができるのは35歳くらいまで。
  • 35歳以上の年齢層は会社の方針に意見を言うことも多くなると考えられている。
  • 育成コストを省き、かつ相応のビジネススキルを持ってバリバリ働ける人材を雇いたい時に「35歳くらいまで」の年齢制限を設ける。
  • 35歳以上の人材には、何らかのマネジメント経験と専門性を求めるケースがほとんどである。
このような企業側の本音を理解すると、
転職35歳限界説は、企業側の事情で作りだされたものであることがわかります。
 
絶対的に転職が不可能ということではなく、企業から求められるものが変化する年齢の目安がおよそ35歳だということです。

年功序列との関係性

良いか悪いかは別として、日本企業の多くは年功序列と終身雇用をベースとして発展してきました。
転職市場が大きく活性化した現代においても、歴史のある大手企業を中心に年功序列は根強く機能しています。

年功序列は、勤続年数、年齢などに応じて役職や賃金を上昇させる人事制度・慣習ですから、
「年上の部下」や「年下の上司」といった存在に扱いにくさを感じやすくなります。

管理職経験が必要の無いポストで中途採用するならば、「会社の色に染まりやすい」35歳以下の方が都合が良いというのが実情です。

そのため、35歳以上を対象とした日本企業の求人では、

  • 職種についての一定の経験と実績
  • マネジメント経験

の双方が求められるケースが多くなるわけです。

マネジメント経験がまだ無かったり、まだ数ヶ月しかなかったりする場合は、転職を急がず現職でマネジメント経験を積んでから転職する方が、より有利な条件で転職できる可能性が高くなります。

日本企業とは対象的に、人事制度に成果主義・実力主義が根ざしている外資系企業や、新興企業への転職も視野に入れることでチャンスが広がります。
 
また中小企業は企業ブランドの問題で採用に苦戦を強いられることが多いため、年齢に関して比較的寛容である傾向が見られます。

求人の現状

組織構成として当然、プレーヤーよりも管理職(マネージャー)のポスト数は少ないため、管理職の求人数は相対的に少なくなります。

実際に大手求人サイトで求人情報を見ると、35歳くらいまでといった応募条件の求人が多く目に止まります。
35歳以上も対象となる管理職求人はもちろんあるのですが、求人全体の構成比として少ないのは事実。

35歳以上の転職希望者は求人検索をして、自身の希望に合う求人の少なさを実感することになります。
こういった状況が「転職35歳限界説」が現実味を帯びたものとして広く認識されているゆえんです。

最近では30代~40代向けの求人に掲載対象を絞った転職サイトもあるので活用できるね。
そうですね。
管理職求人は、企業が一般公募をせず、転職エージェントを通じて募集することも多いです。表に出ないだけで潜在的なニーズがあるのも事実。
 
非公開求人の紹介を受けるために転職エージェントを利用するのも一手と言えますね。

35歳で未経験分野へ転職するには

未経験転職
「未経験の仕事にチャレンジしてみたいけれど、年齢が高い場合はあきらめるしかないのでしょうか。」
こういった質問が、インターネットの質問サイトなどで多く見られます。
実情はどうなのでしょうか。

中途採用は基本的に即戦力を求める傾向があるので、未経験を前提とする求人数は非常に少なくなります。
仮にあったとしても、「第二新卒で未経験OKの営業職」など、若年層向けの求人がほとんです。

経験の無い職種への転職に限れば、やはりなるべく若いうちの方が可能性は高くなります。

35歳以上で未経験OKの求人は少ないものの、可能性が全く無いわけではありません。
可能性を拡げるために、以下のポイントを意識して活動してみましょう。

  • 転職エージェントを利用せず、自力で求人を探す
  • 大手企業よりも成長段階にある新興企業や中小企業が狙い目

転職エージェントを利用せず、自力で求人を探す

自力で求人を探す

企業が未経験OKの求人を、転職エージェントに依頼する場合でも、若手中心の求人となることがほとんどです。
未経験職種へのキャリアチェンジを希望する35歳以上の方にとっては、転職エージェントを利用するメリットはほぼ無いと言えます。

転職エージェントに登録して、なかなか来ない求人の紹介を待っているよりも、
ハローワークや求人情報媒体を中心に、自力で情報収集する方が効率良く探すことができます。

募集の背景が、「欠員募集」の場合は即戦力を求めるケースがほとんどですが、
「業務拡大による人員拡充」であれば、未経験者にもチャンスはあります。

年齢制限を多少上回っていたとしても、どうしてもチャレンジしたい場合も自己応募なら応募可能です。

応募の際は、応募書類の自己PRや志望動機の欄を空欄にしてしまう人がいますが、これはNG!
熱意を込めて記入しましょう。

大手企業よりも成長段階にある中小企業や新興企業が狙い目

中小企業や新興企業

まだブランド力の乏しい成長段階の企業は、大手企業と比べると即戦力採用に苦戦しています。

やむを得ず、採用が比較的容易な未経験、または経験の少ない人材を採用し、育成する方針を取っているケースも多いため、相対的に未経験でも採用される可能性が高くなります。

ただし注意も必要です。
たとえば新興企業に多い傾向ですが、新卒採用をした社員の定着率が低いためにマネジメント層が育たず、何らかのマネジメント経験がある方を中途採用しているケースがあります。

このような場合、労働環境が悪いブラック企業である可能性もあるので、応募前に口コミサイトなどを活用して情報収集をしっかり行いましょう。

大手企業に比べて給与水準が低いデメリットはありますが、個人の業務範囲が広くやりがいを感じやすいなど、中小企業や新興企業で働くメリットもあります。

キャリアチェンジをしたいという方は選択肢として検討してみて下さい。

35歳以上の転職についてのまとめ

ここまで転職35歳限界説を軸として35歳以上の転職について解説してきました。
改めて要点をまとめてみましょう。

転職35歳限界説の要点

  • プレーヤーとして中途採用する場合は、会社の色に染まりやすい35歳以下が求められる
  • 職務経験と一定のマネジメント経験があれば、35歳以上でも転職の可能性は十分にある
  • 少子高齢化で人手不足の傾向にあるので、従来より35歳以上にもチャンスがある
  • ポスト数が少ない管理職の求人は、求人全体数に占める割合が低くなるため、転職の難易度は上昇
  • 中小企業や新興企業、外資系企業では年齢が日本の大企業ほど問題にならないことが多い
  • 未経験の職種や業種への転職はなるべく若いうちの方が良い
  • 未経験の転職は中小企業や新興企業が狙い目。業務拡大による人員募集が背景ならなお良い。
35歳以上の転職はこれまでのキャリアを高く評価してくれる企業を探せば、大幅な年収アップも見込めます。
 
企業からのニーズも増えているので、転職35歳限界説に振り回されず、まずはご自身の市場価値を客観的に知ると良いと思います。
自分の市場価値、、どうやったらわかるんですか?

客観的な市場価値を知るなら、次のようなやり方がオススメです。
・転職エージェントに登録し、キャリアカウンセリングを受けて判断してもらう
・転職サイトに登録して、企業からのスカウト数や内容から判断する
 
また求人情報サイトで現職と近い求人を複数探して、年収を比較すると
現在の年収が妥当であるかもわかるので試してみて下さいね。

転職35歳限界説は、35歳までに転職しないと後が無い!ということでは決してありません。
焦って転職をして短期間で退職し、いたずらに転職回数を増やすのは避けたいところです。

企業側のニーズと自身のキャリアの強み、両方をよく研究すれば年齢に関係なく、チャンスはあるはずです。
面接官はやる気や人柄もちゃんと見ていますから、ぜひ前向きに取り組んでみて下さいね。

転職エージェントに関する詳しい情報はこちらからどうぞ
転職エージェントとは?利用前のよくある疑問や不安を解決します!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る