【無料】見やすくておしゃれな職務経歴書のデザインテンプレート11選

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

一般に流通している職務経歴書のテンプレートは多種多様。書き方も人それぞれです。それゆえに、採用担当者に伝わりやすい職務経歴書を書くには独自のひと工夫が大事。

専門性の高いデザイナー、編集者、プランナー、インテリアコーディネーターなどの場合は職務経歴書の見せ方も凝った方がアピールにつながります。一般職で自由度の高い企業に応募する場合も、自己PRにつなげる手段としておすすめですよ。

転職ロケットではそんな方たちのお助けになればと、ノンデザイナーでも簡単に作れるおしゃれな職務経歴書のデザインテンプレート11選をご用意しました。無料で配布中なのでぜひご活用ください!「おしゃれな履歴書のデザインテンプレート11選」とセットでも使えます。

thumbnail02
使いやすくてアピールしやすい、自分だけの形式の職務経歴書を作り上げてください。
エクセルデータだからダウンロードして記入、印刷すれば即できあがり。Mac、Windowsどちらも対応しています。

見やすくておしゃれな職務経歴書のデザインテンプレート11選

項目欄は自由に書き換えたり、追加ができます。
デフォルトでは会社名、期日、部署名、プロジェクト名、役割、使用ツール、業務内容の項目をご用意してます。一般的に流通している職務経歴書は、ひと枠の中に文章を羅列するような構成が多い印象。

読み手である採用担当者が読みやすいか、を重視した、転職ロケットの職務経歴書テンプレートは、パッと見であなたの経歴が伝わりやすい構成にしました。項目ごとに見出しとアイコンを付けて、メリハリを持たせています。

採用担当者に響くような「伝わる職務経歴書」を作ってみてください!

ピンクとイラストを使った可愛い雰囲気の職務経歴書

女性らしいほっこり可愛いデザイン。文字の羅列になりがちな職務経歴書を、イラストとカラーで華やかにしてくれます。
女性向けのコンテンツを扱う会社や、サロン系企業を受けるときにおすすめです。

男女共に使えるポップなアメコミ風の職務経歴書

星マークやアメリカンテイストのアイコンを使った職務経歴書です。エンタメ業界やサブカルコンテンツを扱う会社での汎用性が高そう。面接の時の話のタネにもなるかもしれません。

american

フラットデザインでおしゃれな職務経歴書

落ち着いた雰囲気だけど色味とアイコンで今っぽい雰囲気を出す職務経歴書です。
IT業界にはおなじみのフラットデザインのテイスト。業界に合わせたデザインの職務経歴書で転職に挑むと、採用担当者の印象にも残るし熱意も伝わりますよ。

flat-Sheet1

イエローのポップな職務経歴書

ポップなテイストのアイコンと、明るく爽やかなイエローを使った職務経歴書です。男女共に使いやすく、職種の系統も問わない見た目になっています。他の人の職務経歴書とちょっと差別化したいときに使ってみてください。

chic

落ち着いたレトロガーリーデザインの職務経歴書

ブライダルやサロン系の女性コンテンツを扱う企業向けの、クラシカルなレトロガーリー風デザインです。
落ち着いた色味と分かりやすいアイコンで、大人可愛い印象にしてみました。

classic-Sheet1

大人っぽい女性らしさを演出する職務経歴書

爽やかながらも落ち着いたブルーを基調にしたデザイン。大柄なお花が全体のアクセントになっていて、職務経歴書全体のメリハリを作ってくれます。

water

シンプルながらおしゃれ。好きなカラーを選べる職務経歴書

「奇抜すぎるのは嫌だけど、人と差をつける職務経歴書を作りたい!」「ベーシックながらも読みやすい職務経歴書ってないかな」そんなあなたへ、シンプルデザインの職務経歴書を4カラーご用意しました。

シンプルデザイン(ターコイズブルー)
blue-Sheet1

シンプルデザイン(フレッシュオレンジ)
orange-Sheet1-1

シンプルデザイン(ポピーレッド)
red-Sheet1

シンプルデザイン(クリアグリーン)
green-Sheet1

カラー印刷ができない場合や、モノクロでもちょっと個性を出したい方へはこちら。
モノクロのシンプルデザイン
mono-Sheet1

職務経歴書の書き方パーフェクトガイド

もちろん大事なのは中身。あなたの長所が採用担当者に伝わる職務経歴書の書き方をご紹介します。

4つの項目を効果的に使おう
職務経歴書には基本的に4つの項目があります。それぞれに書くべきポイントがあり、それを活用すればあなたのことが伝わりやすい職務経歴書ができあがります。

1.経歴概略

あなたが今まで培ってきた経験やスキルについて4〜5行でまとめる欄です。今まで在籍した会社、部署、役割を記載。転職先で叶えたいキャリアプランまで視野に入れた一行まで書かれていればベストです。

2.経歴

職務経歴書で一番大事な部分です。「何をやってきて、何ができるのか」がパッと見でわかるように書きましょう。

POINT!

見出しと箇条書きを活用する
長文になりがちの職務経歴書。わかりやすくまとめるには、見出しと箇条書きを活用すると良いです。
同じ大きさ、色味の文章がずっと続いている書類よりは、メリハリのある書類の方が読みたくなりますよね。
keireki
転職ロケットで配布しているテンプレートは、見出しと箇条書きがデフォルトで備わっている上、デザイン性も加えているので、見やすくおしゃれなものになっています。

書き方のポイントはこれだけではありません。

POINT!

職歴の形式を決める
まず「自分を説明するとき、今までの経歴をどんな形式にまとめたら読みやすいか」を考えるとスムーズに書きやすくなります。

例えば

会社ごと
異業種に転職した経験があり、その多様性をアピールしたい場合。

部署ごと
1社に勤める中で職種が変わった場合、それぞれの経験をアピールできます。

支店、担当ごと
転勤はあるけれど仕事内容はあまり変わらなかった、という場合におすすめです。営業職に多いパターンです。
その時々で担当したこと、成果や仕事量をアピールしましょう。

プロジェクトごと
ITや理系の研究職に多い書き方です。様々なプロジェクトを経験してきたでしょうから、それぞれ異なる成果を効率的にアピールできます。

自分に合った形式を考えて、テンプレートをカスタマイズしてみてください。

3.資格欄

履歴書の資格欄と違って、公式な資格以外でも記入できます。社内の研修や資格について書いてもOK。応募企業で活かせそうなスキルをリストアップしておきましょう。

4.志望動機欄

・なぜこの会社を志望するのか?
・何をやりたいのか?
・今までの経験をどう活かすのか?
は絶対に書くべきことです。

その上で
・自分の言葉で
・無理に難しい言葉は使わず
・簡潔に
書くことを意識しましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る