事務職の転職に有利な資格

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
事務職転職に有利な資格

転職先の職種として、特に女性からの人気が高いのが”事務職”です。

外回りが必要な職業ではなく、建物の中で落ち着いて働けるのが人気の理由かもしれません。

事務職としてキャリアアップや、有利な転職をするためには、常にスキルアップを意識する必要があります。

事務職のスキルアップや転職活動の一環として、関連する資格を取得するのも良い方法です。

私も派遣で事務をしているけど、契約満了のタイミングで正社員の事務職に転職したいんです。
何か資格を取ろうかな。
事務職に求められる素養(スキル)についてはもちろん、事務経験の有無を問わずあると有利な資格についても解説しますね!
転職にはもちろん、社内でのキャリアアップにも役に立ちますよ。

それでは事務職に必要な素養(スキル)や、あると有利な資格などについて見ていきましょう。
20代の方が未経験から事務職になる方法についても、併せてご紹介します。

ジョブローテーションと必要なスキル

現在、特に大手企業ではジョブローテーション制度の導入が進んでいます。

一つの部署でスペシャリストを目指すのではなく、部署間を異動して多くの業務を経験することでゼネラリストを目指すという制度です。

このジョブローテーションで、事務職には例えば次のようなコースが用紙されることになります。

  1. 営業事務で3年
  2. 総務事務で3年
  3. 購買事務で3年
  4. 最終的に役員秘書へ

ジョブローテーションでは、移動に伴って給与を含めた待遇が改善され、社内で様々な知識と経験を蓄積しながら企業の中枢部署へと異動していけることになりますが、そのためにはそれぞれの部署でしっかり実績を残して良い評価を得る必要があります。

では、このように事務職として評価されステップアップしていくために必要なスキルとは何でしょうか?

必要とされるスキルをその理由とともにピックアップしてみます。

必要なスキル必要な理由
事務系の資格所属部署以外の人にも実力を証明できる
コミュニケーション能力事務職に限らず、全ての社会人に必要
パソコン処理能力タイピングやオフィス系ソフトの操作が必要不可欠
IT系の資格PCトラブルシュートをこなし頼られる存在になる

ちょっと意外に思われる項目もあるでしょう。
この中でも、特に事務系資格とIT系資格について次項で詳しく解説します。

スーパー事務職になるための資格とは?

事務職と資格
どのような部署に異動しても一定レベル以上のスキルを発揮し、他の専門職からも一目置かれる存在になる事務職を、スーパー事務職と呼ぶところもあります。

このスーパー事務職になるためには、前項の表で示したように、次の2点を意識します。

  1. 実力を客観的に評価してもらう指標の一つとしての事務系資格の取得
  2. 頼られる存在になるためのIT系資格取得

この2点についてそれぞれ見ていきましょう。

オススメの事務系資格

事務系の資格としてぜひ取得しておきたいのは、以下の4つです。

秘書技能検定

書類作成・スケジュール管理・情報整理などの事務処理から、社内人間関係の問題への対応、来客対応等、事務職として活かせるスキルを幅広く身につける資格です。

3級から1級までありますが、まずは2級を目指し、その後社内で経験を積み、準1級や1級の取得を目指すのが良いと思います。

1級取得者は大手企業からも声がかかることがあるほど難易度が高く、事務職としてのスキルアップには最も適している資格であると言えます。

日商簿記検定

特に係数処理を頻繁に行う部署で能力を発揮できる資格です。

文字通り簿記に関するスキルを評価する資格であるため、経理部門などで一定の評価を得ることができます。

まずは3級を目指し、2級あるいは1級へとスキルアップして行きます。

1級の難易度は相当高く、経理のプロフェッショナルとして認められることもあります。

MOS(マイクロソフト オフィススペシャリスト)

ITに関連しますが、知識ではなく処理能力を求める資格であるため事務系資格として紹介します。

マイクロソフトのオフィス系ソフトの操作スキルを証明するためにはベストな資格です。

とりわけExcelを業務で使用する企業は多いため、MOSのExcel分野は人気です。

スペシャリストとエキスパートがあり、まずはスペシャリストを目指して取り組んでみて下さい。

試験は試験会場にもよりますがほぼ毎日行われているため、比較的取り組みやすいのも魅力です。

TOEIC

海外との取引を行っている企業や海外拠点のある企業の場合、ビジネス英語を使えることが必須となるケースがあります。

事務職でも一定レベルの英語力が要求され、それを活かす場面も多くあります。

英語力は転職の際にも有利になること間違いなし。

初めて挑戦するならまずはscore600程度を目標として取り組んでみましょう。

score600くらいあれば、簡単な電話対応やメールの取り次ぎの事務ができます。

外資系企業を希望するならば、score800以上を目指したいところです。

オススメのIT系資格

IT系資格はIT専門職に限ったものではありません。

特にパソコンのトラブル対応に強みを発揮する以下の資格は、年配者の多い職場では非常に重宝され、高評価を受けます。

本来の事務職の業務の範囲内ではないにせよ、「仕事のできる社員」として評価されることは間違いありません。

ITパスポート

自身のITスキルを証明する「国家資格」です。

ITパスポート自体はそれほど難易度の高くない資格ですが、国家資格というだけで特に年配者には高評価を得られるのお得な資格。

特に事務職が国家資格を持っているというだけで珍しがられるケースもあるとか・・・。

中小企業は会社にITサポートチーム等がなく、職場内の「パソコンに詳しい人」に聞く傾向が強いものです。

そんな職場のパソコントラブル対応で実績を積み、ITサポート人材として高待遇を勝ち取った事務職も存在します。

アドビ認定エキスパート(ACE)

アドビソフトウェアの主なアプリケーションの操作能力に関する資格です。

特に PhotoshopやIllustratorは多くの職場で使われているソフトです。

専門人材を配置するほど余裕がある企業は少ないので、事務職でこれらのソフトを使いこなせるスキルがあれば、社内ブログの作成や社内イベントのチラシ作成など、様々な仕事を依頼されるはずです。

スキルを積めば、将来的に独立して仕事を請け負うことも可能となってきます。

自分の市場価値を上げるためにも、資格取得にチャレンジしてみたくなったわ!

ぜひ働きながらの取得を目指してみてくださいね。
 
事務系&IT系の資格以外では、
銀行などの金融関係の事務職を目指すなら、FP1級、
不動産関係なら、宅地建物取引主任者の資格を取得するとキャリアアップや転職の際に有利です。

資格でははかれないスキル

コミュニケーションスキルなど
事務職は職場内の人たちと協力しあいながら仕事をする場面の多い仕事です。

例えば、Aさんの処理を待ってから自分が処理をしてBさんへ引き渡したり、複数名で分担して大量のデータを処理したり、細やかなコミュニケーションが業務を正確に遂行するために必須となります。

また、来客や電話への対応では、高いコミュニケーション能力に加えて、柔軟に臨機応変に対応する能力も発揮しなければなりません。

さらに電話や来客で自身の仕事を中断されても、最後まで仕事を仕上げる処理速度も必要です。

そういったスキルは資格でははかることができないものですが、接客・販売やコールセンター業務、営業職などの経験があると有利になります。

もし経験がある場合は、転職時の自己PR材料として活用することをお忘れなく!

学生時代の販売職のアルバイト経験も自己PRに入れてみます!

未経験から事務職を目指すには?

未経験事務職
資格が無いと事務職にはなれない・・?いえいえそんなことはありません。

特にあなたが20代の場合は、未経験からでも受け入れている企業がたくさん存在しています。

ただし「未経験OK」を強調している求人には、ブラック企業がまぎれていることもあるので要注意!

若者をきちんと育てていく環境のある、本当に未経験OKの求人を探すにはどうしたら良いのでしょうか?

未経験歓迎かつ、就業環境の良い企業の求人だけを紹介してくれる転職エージェントを利用するのが解決策になります。

転職エージェントとは?

転職エージェントとは、労働省の許可を得た民間の職業紹介事業者で、人材紹介会社とも呼ばれています。

ハローワークの民間バージョンと考えるとわかりやすいと思います。
転職エージェントとは

転職エージェントは、企業に直接出向いて求人情報を得ており、紹介のミスマッチを防ぐために企業の実態についても把握しています。

転職エージェントを利用することで、一般に求人情報から得られる情報より、ずっと深い情報を得ることができるのです。

転職エージェントは”無料”で利用できますし、次のような恩恵を受けることができます。
 
いますぐに転職をとは思っていない方でも、インターネットから登録してキャリアカウンセリングを受ければ今後の役に立つと思います。
  • 履歴書や職務経歴書のアドバイス、添削を受けられる
  • キャリアアドバイザーとのキャリアカウンセリングを受けられる
  • 最適と思われる求人情報を紹介してもらえる
  • 個人では集められないような詳しい情報を提供してもらえる
  • 一般には公開されていない非公開求人を紹介してもらえることもある
  • 面接に関するアドバイスを受けられる
  • 採用考査から入社に至るまでの企業とのやり取りを代行してもらえる
  • 年収や待遇などの交渉も行ってもらえる

あなたにマッチする事務職求人を探すために、転職エージェントを活用してみて下さいね。

事務職の紹介実績多数あり!オススメエージェント

転職エージェントの中でも、20代など若手の求職者を対象にサービスを充実させているところを、厳選してご紹介します。
もちろん事務職の紹介実績も多数あるエージェントです。

いい就職.com

ブラッシュアップ・ジャパン株式会社が運営するサービスです。

いい就職.com

いい就職.comの特に優れているところを4点ご紹介します。

  1. 2001年より既卒や第二新卒など若手向けの支援を行っておりノウハウが豊富
  2. 独自の判断基準で不適切な企業を除外し、2,000社以上の企業の求人を取り扱う
  3. 無料ビジネスマナー講座を行っており、面接力UPにつなげている
  4. 職歴の少ない方でも、面接でロジカルシンキングなどを通して自己アピールできるようセミナーを行っている

離職率の高い業種や特定の企業、社会保険が完備されていない企業、募集背景が明確でない企業など、独自の6つの条件で、若者に不適切と思われる企業は最初から除外。
厳しい条件にクリアした、オススメホワイト企業のみを紹介しているのが特徴です。

いい就職を実現するために必要な心構えや面接でのテクニックを伝授するガイダンスを行うなど、十数年に亘って培ってきたノウハウを活かしたサービスが強みです。

いい就職.comを見てみる

ジェイック

株式会社ジェイックが運営するサービスです。

ジェイック

ジェイックの特に優れているところを4点ご紹介します。

  1. 予め厳選されたホワイト企業20社の正社員求人のみを紹介している。
    (メーカー・商社・IT・アパレル・広告など)
  2. 無料の支援講座を受けられる(ビジネスマナー、応募書類の書き方、面接指導など)
  3. 厚生労働省より職業紹介優良事業者として認定されている
  4. 全国各地に相談拠点があり、専任アドバイザーが対応してくれる
    ( 東京 千葉 神奈川 埼玉 静岡 愛知 大阪 福岡 広島 )

ジェイックのサービスで最も特徴的なのが、紹介先企業が既に20社に厳選されていることです。

選択肢が少ないと感じる方もおられると思いますが、それだけ安心して働ける諸条件が揃った企業のみに絞り込まれているということが最大のメリットです。

ブラック企業が多いと言われる業界(アミューズメント業界や先物取引、投資用不動産、外食産業)は予め除外されています。

ジェイックは人材サービス企業の中でも大手ですので、その企業規模を活かして無料の支援講座を提供したり、全国各地に相談拠点があったりするのも特徴です。

ジェイックのビジネスマナー講座は、入社後にスムーズに新しい職場に馴染んで活躍するのにも効果的ですよ。

ジェイックを見てみる

第二新卒エージェントneo

株式会社ネオキャリアが運営するサービスです。

第二新卒エージェントneo

第二新卒エージェントneoの特に優れているところを4点ご紹介します。

  1. キャリアカウンセリングをしっかり行っている
  2. 応募書類添削、模擬面接、フィードバックに力を入れ、活動中に力がつくように支援している
  3. 社会保険が無い、離職率が高い、若手を育てる環境がないといった企業は除外している
  4. 専任就活アドバイザーが入社後にもフォローを継続している

転職エージェントneoは未経験OKの求人を約5,000件ほど持っていますが、全て同社が実際に足を運んでチェックし、ブラック企業を除外しているという徹底ぶりです。

紹介される求人は、若い方が長く活躍できるかどうかという目線で厳選されたホワイト企業の求人のみとなっています。

登録から内定・入社まで、カウンセリングや面接対策、相談などで平均20時間ほど専任アドバイザーと話す機会があるそうです。
きめ細やかに対応してくれる良心的なエージェントとしてオススメできます。

第二新卒AGENTneoを見てみる

資格取得をきっかけに業務の幅を拡げてみよう

実績が数字で出る営業職などと違って、事務職は実績を評価することが比較的難しい仕事です。

そのため人事評価や転職の面接などでは、働きぶりや実力を正当に評価されるとは限らないケースも。

しかし主体的に資格を取得して業務の幅を広げる取り組みをしていると、実績が積み上がり、組織から重宝される人材になることができます。

今回ご紹介した資格は働きながら取ることができるものばかり。

事務職のスキルアップは難しいと思われがちですが、資格を武器に新しいフィールドへ挑戦することは、転職や独立など将来の自分自身のためにもなります。

ぜひ積極的に挑んで行きましょう!

20代で未経験から事務職にトライしてみたいという方も、記事内でご紹介した転職エージェントなどを活用することで無理なく就職することができます。
 
未経験者の紹介実績が多数あるエージェントばかりなので、安心して相談してみて下さいね!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る