既卒で正社員就職を果たした成功事例

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
既卒就活成功事例

既卒で就活をする際に、「就職支援サービス」を利用すると、格段に成功率が上がることは、「既卒・職歴無しから正社員就職を叶える就活」で解説した通りです。

僕も正社員になりたいから、就職支援サービスに興味を持ったんだけど、本当に正社員になれるのかな?
 
既卒の就活はそんなに甘くないような気がするんだけど・・・。

初めてのことですから不安に思うのも無理はありませんよね。
 
実際に就職支援サービスを利用して、正社員になった方の成功事例を見ていきましょう。

(※)既卒とは、学校を卒業してから一度も就職をしていない人のことを指しています。

既卒の就活成功事例集

では早速、既卒から見事に正社員就職をした方の事例を見ていきましょう。

ここでご紹介する事例は、全て就職支援サービスを利用している方々です。
既卒で職歴無しという一般的に不利な状況にも関わらず、全くの未経験から就活を成功させています。

成功事例をまずはざっと一覧でご紹介します。

 年齢性別最終学歴就職先就活に要した期間
Gさん23歳男性大卒システムエンジニア2カ月
Yさん24歳女性大卒インテリアコーディネーター3カ月
Nさん22歳男性大卒雑貨等の専門商社/営業職2カ月
Jさん27歳男性大学中退インターネット回線コンサルティング営業3カ月
Tさん24歳男性高卒スーパーマーケットチェーンの店長職候補1カ月
Kさん24歳女性大卒輸入食品専門商社の貿易事務職2カ月
Aさん24歳女性大卒生活雑貨メーカーの事務職2カ月
Sさん27歳女性大卒メーカーの営業事務3カ月
Tさん26歳男性大卒ネットワークエンジニア6カ月
Nさん26歳男性大卒大手SIerグループ企業のインフラエンジニア2カ月

おお!既卒でもこんなふうに就職を実現できるんだね。

はい。就職支援サービスを利用することで既卒の就活は内定率が大幅にUPします。
では、上の一覧表の中から数名ピックアップして、より具体的にご紹介していきますね。

未経験でシステムエンジニアになったGさんの例

Gさん(23歳)男性
既卒・正社員の職歴無し⇒システムエンジニア(正社員)

就職支援サービスの利用するまでのGさん

大学在学中に思うように就活が進まず、大学卒業後もフリーター生活をしながら就活を続けていたGさん。

新卒で就職した友人達が活躍するのを目の当たりにし、日に日に強く焦りを感じるようになりました。

既卒で正社員の職歴も無いGさんは就活に苦戦。

ハローワークに求職登録をし、相談にも通いました。

しかしGさんの望む求人情報には出会うことができずじまいだったのです。

ある日インターネットで目にした第二新卒エージェントneoの就職支援サービスに、わらにもすがる思いで登録しました。

就職支援サービスでGさんの就活はどう変わった?

登録後、就職アドバイザーと行ったカウンセリングでは2時間もの時間をかけて、Gさんの目標や希望などをアドバイザーと共有しました。

Gさんはシステムエンジニアとして、未経験からでも安定してキャリアを築いていけるような落ち着いた社風のところに就職したいと希望がまとまり、その希望にマッチする求人情報の紹介を受け、数社応募をすることになりました。

しかし一切キャリアの無いGさんにとっては、各社との面接での自己PRをどうすべきかが悩ましい課題でした。

そこで就活アドバイザーの意見を取り入れ、Gさんの論理的思考能力や問題解決能力の高さを、学生時代の経験と併せてアピールする方針を取りました。

企業にポテンシャルの高さを上手にアピールできるようになったGさんは表情にも自信が満ち溢れるようになってきました。

そしてサービスの利用開始からおよそ2ヶ月で、希望のシステムエンジニア職で内定を見事に獲得したのです。

システムエンジニアとして就職

入社後もアドバイザーからのフォローを受けながら、新天地でがんばっているそうです。
就活をアドバイザーと二人三脚で行えるのが就職支援サービスの良いところですね。

Gさんが利用した第二新卒AGENTneoを見てみる

インテリアコーディネーターになる夢を叶えたYさんの例

Yさん(24歳)女性
既卒・正社員の職歴無し⇒インテリアコーディネーター(紹介予定派遣 ※2)

※2 紹介予定派遣・・・最長6カ月の派遣期間終了後、本人と派遣先企業の合意に基づいて、社員になる働き方。

就職支援サービスの利用するまでのYさん

大学卒業後、呉服店のアルバイト店員として、振り袖の販売・レンタルをメインに担当していたYさん。

接客が好きで、アルバイトにやりがいを感じてはいたが本当にやりたい仕事では無かったと言います。

もともと何かを作ることが好きなYさん、大学で美術史を学んでいたこともあり、クリエイティブな職業に興味がありました。

特に好きだったインテリアに関わりたいという想いと、手に職を付けたいという想いから、インテリアコーディネーターになりたいと考えるようになったのです。

Yさんは、未経験でも応募できるインテリアコーディネーターの求人を探し始めましたが、「未経験OK」と書いてあっても、実際には経験や資格が必要な求人ばかりで意気消沈していました。

就職支援サービスでYさんの就活はどう変わった?

Yさんが諦めずに未経験OKの求人を探していたある日、既卒・フリーターの就職支援サービスを行うハタラクティブのホームページが偶然目に留まったそうです。

相談しやすそうな雰囲気にひかれたYさんは、ハタラクティブの就職支援サービスに早速登録。

Yさんは担当の就活アドバイザーから、全くの未経験からの応募ができる紹介予定派遣のインテリアコーディネーター職を紹介されました。

就活アドバイザーからは、面接で想定される質問について事前に連絡があり、面接対策を十分に行うおとができました。

その甲斐もありYさんは見事に内定!

現在は派遣期間を満了し正社員へ移行して活躍しているそうです。

インテリアコーディネーター

就職支援サービスには、未経験でも本当に応募できる求人が集まっているから、効率良く活動できそうだね。

Yさんが利用したハタラクティブを見てみる

公務員試験失敗を乗り越え、専門商社に就職したNさんの例

Nさん(22歳)男性
既卒・正社員の職歴無し⇒雑貨等を扱う専門商社の営業職

就職支援サービスの利用するまでのNさん

大学卒業後も公務員をめざして勉学に努めていたNさんでしたが、試験では良い結果を出すことができませんでした。

大学卒業後の10月からは大学で利用していた奨学金の返済が開始することから、民間企業への就職を決意。

しかし公務員試験の失敗も引きずっていたNさんは、自信を無くしており、既卒での就活に強い不安を抱えていました。

就職支援サービスでNさんの就活はどう変わった?

インターネットで求人情報を検索していた際に、Nさんはジェイックの就職支援サービスのページにたどり着きました。

ジェイックでは、新卒カレッジ、女子カレッジ、中退専門コースなど様々な就職支援サービスのコースがあり、Nさんは「営業カレッジ」というものに興味を持ち登録。

Nさんが選んだ営業カレッジでは基本的なビジネスマナーや就職ノウハウの講座、営業職の講座を二週間かけてグループで学んでいくようになっていました。

営業職の基礎を学び、厳しさを感じつつも、営業職として活躍する自身のイメージがだんだんとできてきたNさん。

グループで学ぶことにより、仲間がいる安心感を得て、就活に前向きに取り組めるように変わっていきました。

ほどなくしてジェイックから紹介された、海外の雑貨を取り扱う専門商社の営業職として、正社員就職を果たすことができました。

営業職として就職

Nさんがジェイックの講座で学んだ内容は、就活中だけでなく、就職をしてからも非常に役に立っているということです。

Nさんが利用したジェイックを見てみる

就活全敗からリベンジ!英語力を活かし貿易事務職になったKさんの例

Kさん(24歳)女性
大卒・正社員の職歴無し⇒輸入食品専門商社の貿易事務職

就職支援サービスを利用するまでのKさん

大学は英米語学科で、海外に短期留学していたということもあり、語学力を生かせる職種に就きたいと考えていたKさん。

在学時の就活では狭き門である大手企業のみにチャレンジするも全敗。

秋口になるとKさんの希望条件に合う求人も少なくなり、既卒としての就職活動を余儀なくされました。

求人サイトを見ながら活動していましたが、社会人経験を求められるケースが多くうまくいかずに、焦る気持ちが募るばかりの日々だったそうです。

就職支援サービスでKさんの就活はどう変わった?

ある日、インターネットで既卒向けの就職支援サービスの存在をしったKさんは、いい就職.comに登録。

同社の主催する「既卒者なんでも相談会」に参加しました。

相談会では、就活アドバイザーとの一対一の面談で就職希望について細かい点を伝えることができました。

その2週間後に既卒応募可の食品輸入商社での貿易事務の求人を紹介されたのです。

もともと大手志向が強かったKさんにとって、従業員100名程度の企業で初めて聞く社名でもあり若干不安はあったのですが、就活アドバイザーのはからいで、1週間の体験入社期間を設けてもらうことができました。

実際に職場の雰囲気や社風がわかり安心をしたKさんは入社を決め、順調に活躍中です。

貿易事務職として就職

個人での就活では、自分の希望に合い、優良企業で、未経験可の求人を見つけるのは至難の業。
就職支援サービスは無料でそれらを叶えてくれるのが良いですね!

Kさんが利用したいい就職.comを見てみる

「文系=営業」の思い込みを変え、フリーターからIT専門職へ!結婚も叶えたNさんの例

Nさん(26歳)男性
大卒・居酒屋フリーター歴3年⇒大手SIerグループ企業のインフラエンジニア

就職支援サービスを利用するまでのNさん

大学を卒業してから、特にやりたいこともなく、フリーターとして居酒屋のアルバイトをしていたNさん。

ふと気が付けば3年もの月日が過ぎており、年齢も26歳になっていました。

付き合っている彼女との結婚を考えるようになり、「このままじゃ結婚できない」と思うようになり、就職活動を始めました。

文系出身のNさんは、「文系だから仕事は営業職かな」と漠然とキャリアプランを描いていました。

就職支援サービスでNさんの就活はどう変わった?

既卒・フリーターに特化した就職支援サービス、ウズキャリ既卒を見つけたNさん。

初回カウンセリングでは何となく文系だから営業職を希望していると伝えました。

しかし本音では、営業職には付き物の飛込み営業やテレアポ、ノルマなどに対してあまり気乗りをしていませんでした。

そんなNさんの様子を見て、「営業しか選べないと思っていませんか?」とウズキャリ既卒のアドバイザーは、Nさんが想定していなかったIT専門職の求人を紹介したそうです。

あまり人前で目立つことが得意ではないと自覚しているNさんにとって、社会インフラを影で支えている黒子的存在の「インフラエンジニア」という職業はかなり新鮮なものでした。

ウズキャリの手厚いサポートを受けて無事に就職を果たしたNさんは、めでたく彼女とも結婚し、公私共に充実した日々を送っています。
就職して結婚

自分では思ってもみなかった進路を、客観的な立場から提示してもらうことで、やりたいことが見つかったり、思わぬ可能性が広がるのも就職支援サービスを利用する大きなメリットと言えますね。

Nさんが利用したウズキャリ既卒を見てみる

就職支援サービスを活用して正社員になろう!

既卒の就活は難しいイメージがありますが、実際には正社員になるチャンスがたくさんあるのがおわかりいただけたでしょうか。

就活中、未経験の人材を募集している企業を見つけても、いわゆるブラック企業体質なのではないかと、応募に二の足を踏む方も多いと思います。
 
このようなブラック企業に関するリスクも、就職支援サービスを利用することで大幅に削減することができるのをご存知でしょうか?

そうなんだ!それはすごく心強いですね。
でもどうしてですか?

就職支援サービスでは、若者を育てていきたい意思があり、環境が整っている企業のみを紹介するからなんです。
独力で活動していると、なかなかそこを見極めるのは難しい。
 
だからこそ、就職支援サービスを多くの方に利用して欲しいと思いますね。

既卒、職歴無しの状態からでも、安心して活躍できる場を見つけるために、あなたもぜひ就職支援サービスを活用してみてくださいね。

就職支援サービスについての詳しい解説記事はこちらからどうぞ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る