みなし残業手当、ノルマなし営業職、モデル年収とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
みなし残業手当

転職を検討している方は転職サイトなどで求人情報を見る機会が多いことと思います。

開示されている給与や待遇などの具体的な情報を見て、「もしこの会社に入ったら」と、未来をある程度シミュレーションすることができますね。

その一方で求人情報に書かれている内容について
「この条件は本当なのだろうか?」
「実態はどうなっているのだろうか?」
と思うこともあるのではないでしょうか。

求人情報を見ていると、この条件は本当?って不安に思うことがよくあるわ。

うん。みなし残業とか固定残業代とか、よくわからない分、何だか不安だよね。

今回は求人情報の待遇・条件の中で、特に疑問や不安を感じやすいと思われる点をピックアップして解説します。
・みなし残業手当
・経験不問
・ノルマなしの営業職
・モデル年収
 
企業によっては都合の悪い部分をこれらの言葉を使ってぼかしているケースもあるので、注意点もあわせて読んでみて下さいね。

みなし残業手当・固定残業手当って何?

「残業手当は一律3万円を支給(月20時間を上限とする)」
というのはどういう意味ですか?
これはいわゆる「みなし残業手当」と呼ばれるものです。
「固定残業手当」と呼ばれることもあります。

「残業手当は一律3万円を支給(月20時間を上限とする)」の表記を、労働基準法に則った解釈をすると以下のようになります。

  1. 残業手当は毎月3万円を対象者全員に支給します。
  2. 残業時間が20時間を超えないように各自で労働時間を管理しましょう。
  3. 残業20時間以内であれば金額に変動はありません。
  4. 残業が20時間を超えた場合は、超えた分について規定の条件を適用して残業代を払います。

現状は上の3と4の項目について誤った認識をしている企業や労働者が少なくありません。
この例で言えば、残業20時間を下回った場合にはその分を差し引く、もしくは残業が20時間を超えても一律手当を払っているのだから増額は無いと認識している人がいるのです。

実際には労働時間が想定される残業時間に達しなくても同じ基本給が支給されますし、想定残業時間を超えて残業が発生すれば、企業はその時間に応じて残業代を別途支給する義務を負います。

補足:みなし残業の基本情報

みなし残業手当
みなし残業という言葉は実は労働基準法をはじめ法律上には存在していません。

正式にはみなし労働時間制と呼ばれます。

実際の労働時間を正確に把握することが難しい職種に対して、労働時間を一定の時間にみなす制度です。

みなし労働時間制には次の2パターンがあります。

  1. 事業場外みなし・・・出張や外回りが多く勤務時間が把握できない営業職などに適用
  2. 裁量労働制・・・労働時間が必ずしも仕事の成果や業績と連動しない職種(研究職や企画職、クリエイティブ関連職など)に適用

適用する場合には、以下すべてを満たさなければなりません。

  • 労使協定の締結
  • 就業規則の規定
  • 労働基準監督署長への届け出

企業は想定される残業時間を設定して、基本給に残業代を予め含めて労働者に支払います。
(固定残業代や一律残業手当という表現をする企業もあります。)

繰り返しになりますが所定の残業時間を超えて残業が発生した場合、企業には残業代を別途支払う義務が発生します。

みなし労働時間制を適用している企業では、ある程度の残業が発生していると理解してほぼ間違いありません。
 
例えば小さなお子さんを抱えている女性など、残業時間が長めになると困る方は避けた方が無難です。
 
応募を検討する場合も、月平均の残業時間を確認するなど十分に注意しましょう。

経験不問の求人って本当に未経験でもいいの?

「未経験者歓迎」と書いてある場合、本当に未経験で応募しても落とされないの?
この場合、未経験を理由に落とされることはありません。
ただし、優秀な経験者が殺到して応募枠が埋まってしまうようなレアケースの場合は未経験が落選理由になることもあります。

未経験者を採用する背景を知ろう

事業拡大のために経験を問わずに人員を拡充するケースもあるので一概には言えませんが、
未経験者歓迎を打ち出している企業は、採用に苦労している企業が比較的多いことも知っておきましょう。

いわゆる不人気業種であったり、社員の定着率も低めであることが特徴として挙げられます。
大企業よりもブランド力等で劣る中小企業が占める割合も高くなります。

募集職種は「未経験でも簡単な研修で戦力にできる程度の仕事」であることが多く、高い専門性を問われることはほとんどありません。
応募に際してはこの辺りの事情を考慮して、ご自身の希望とマッチするかを検討することをおすすめします。
経験不問の求人
企業が未経験者を採用する背景には他にもいくつか理由があります。

  • 他の会社の色に染まっていない人材を採りたい
  • 新卒が採れなかったので新卒に代わる人材を採りたい
  • 特殊な仕事のためそもそも経験者がいない
  •     

このように未経験者を採用する背景にはその企業なりの理由が必ずあります。
その理由を見極め、自分がどう貢献できるのかをシミュレーションして面接に臨みましょう。

なお未経験者の採用面接は以下3つの観点に絞って質疑を進めていく傾向があります。

  1. やる気や意気込みといった精神的な要素
  2. 会社や仕事に対する興味関心といった要素
  3. 人柄や一般常識と言った社会人基礎レベルの要素

面接の対策としては事前にできる限り業界のことを調べておく、そして入社したらどうするかということを想像しておくことはとても大切です。

ノルマなしの営業職って本当に存在するの?

「営業職(ノルマはありません)」と書かれていました。
ノルマの無い営業職なんてあるのですか?
数は少ないですがノルマの無い営業職もあります。
特に既存の得意先だけを担当するルート営業と呼ばれる職種の場合、ノルマを課せられていない場合もあります。

ただしすべてのルート営業がノルマなしではありません。
また公共事業や大型プロジェクトの受注など、チームを組んで案件を取りに行く業界の場合、個人ではなくチームにノルマが課せられている場合もあります。

すべての営業職に共通するのは、「数字を意識しない営業職などありえない」ということ。
個人に課される数字、チームに課される数字など、その会社によってスタイルはさまざまですが、必ず何かしらの目標数字が存在します。

またノルマと言う表現だと会社から押し付けられた必達数字というイメージがあるため、最近は目標と言い変える企業もあります。
目標と言う表現だと営業職自身が自発的に設定したというイメージになるためです。

実態としてはノルマであっても、目標という言葉に言い換えただけで、「ノルマは無い」と打ち出している企業もあるので注意が必要です。

目標達成の喜びを味わえることが営業職の醍醐味でもあります。
ノルマの無い営業は確かに存在しますが、仕事の達成感が感じられにくいとも言えますね。

モデル年収は本当にその額がもらえるの?

モデル年収

「モデル年収 35歳マネージャー 年収650万」と書いてあるけど、本当にこの年収がもらえるの?
モデル年収の表記には規定があり、その会社の就業規則ではどうやっても実現不可能な収入モデルを記載することはできません。
 
モデル年収はその会社で頑張れば実現できる範囲であれば、実在するか否かに関わらず記載することができます。

モデル年収の問題点1:中途採用での実現可能性

通常、収入を上げるには人事評価や営業成績、そして役職を上げることが必要条件です。

従って前述の35歳マネージャーで年収650万円を達成するためには、”どの程度頑張れば実現できるのか”が問題となります。

具体的な人物像を例として挙げてみましょう。

35歳 マネージャー
新卒入社で毎年営業成績を200%でクリアするスーパー営業マン。
5年目でマネージャーに昇進し人望も厚く、来年は部長へ昇進する予定。

こんな人物をモデルにしているケースもあります。
新卒入社が前提のこの人に、中途採用者が追い付けるわけがないですね。

つまりモデル年収は「頑張れば実現不可能ではないけれども中途採用者が必ずしもその待遇にありつけるわけでは無い」ということです。

モデル年収の問題点2:インセンティブ

インセンティブ
「インセンティブ」を上乗せして年収を高く見せているケースにも注意が必要です。
確かに給与テーブルには多額のインセンティブに対する報酬が明記されていたとしても、ほぼ実現不可能なこともあります。

そういった”ほぼ不可能”な部分を含めて「モデル給与」としている企業もありますので、比較する際には注意が必要です。

最後に

求人情報は掲載媒体のスペースの都合などで、情報が簡略化されていることも多々あります。

仕事内容は比較的、重点的に記載されていることが多いのですが、待遇面は文字数も少なめで、十分な情報を得られないことも。

しかし応募する立場では、企業へ待遇面などに関して質問しにくいと感じる方も多いのではないでしょうか。
転職エージェントを利用して転職活動する場合は、企業に関する質問を転職エージェントへ投げて回答を得ることができます。

転職活動は心身ともに大きな負担がかかります。
全てを自力でがんばりすぎず、うまく転職エージェントなど外部のリソースも利用してみてくださいね。
転職エージェントとは?利用前のよくある疑問や不安を解決します!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る