こんな転職理由はダメだ!どんな転職理由がいいの?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
転職理由

採用面接で必ず聞かれることの一つが「転職理由」(退職理由とも言います)です。

転職理由は志望動機と並んで、面接官が重視する質問のため、どう説明したらいいのか悩むことではないでしょうか。

僕は今の職場への不満が主な転職理由だけど、ネガティブな言葉はなるべく使いたくないなぁ。
転職理由の伝え方に着目できたのはすごくイイですね!
転職理由は面接で失敗しがちなポイントなので今回は詳しく解説したいと思います。

転職希望者の本音

まずはよくある転職理由の本音部分をグループに分けてご紹介します。
多くの方が現職に何かしらの不足感を持っていることが見て取れますね。
 
面接官へ好印象を与える、伝え方に関するテクニックは後半で詳しく解説します。

待遇改善系の転職理由

  • 年収を上げたい
  • 休みを増やしたい
  • 勤務日や勤務時間が不規則でない職場に転職したい
  • 女性がもっと働きやすい企業に転職したい
  • 転勤をしたくない

不満系の転職理由

  • 人間関係が嫌になった、トラブルがあった
  • パワハラやセクハラなどを受けた
  • 会社の方向性や体制に不満がある

前向き系の転職理由

  • 新しくやりたい仕事ができた
  • もっとステップアップしたい
  • 幅広い経験を積みたい
  • 実力を試したい

その他の転職理由

  • リストラされた
  • 怪我や病気になった
  • やむを得ない事情で引っ越すことになった

こんな転職理由はダメ!

転職理由として面接で言ってしまうと、イメージダウンに直結しやすい転職理由をご紹介します。

人間関係が嫌になった、人間関係でトラブルがあった

人間関係のトラブル

たとえそれが事実であっても面接では言ってはいけない転職理由です。
前の職場で人間関係がうまくいかなかった人や、トラブルを起こした人を積極的に雇いたいと面接官が思うことはまずありません。

自分に落ち度はなく、悪意ある周囲の同僚から一方的に被害を受けた立場であったとしても、
転職理由として明言することは避けましょう。

「どれだけつらい思いをしたか」という主観的な内容を、面接官に正確に伝えることは難しく、
それを伝えようとすると面接時間の多くを使ってしまう上に、面接官が本当に聞きたい内容でもないからです。

パワハラやセクハラなどを受けた

前項と同様に、事実だったとしても転職理由として伝えることは避けるのが無難です。

人間関係に起因する問題は、どの企業へ行っても起こりうることなので、転職が根本的な解決方法ではありません。
 
それらを転職理由とすることが、得策ではないことはご理解いただけると思います。

転職理由の効果的な伝え方

不満が根本にある転職理由の場合、面接官にマイナスイメージを与えやすいものです。
ストレートに伝えるのではなく、ニュアンスを変えると前向きな印象を面接官に与えることができます。

不満や不足を上手に言い換えよう

転職理由の伝え方
年収や勤務時間など待遇改善が転職理由の場合、そのまま伝えてしまうと不満や要求が多い人物とみなされるリスクがあります。
下のように少し言い方を変えてみましょう。

【例】
「仕事がきつかったので転職したいと思いました。」

⇒「前職は毎日残業が○時間あり、体力的にきつく100%の力で仕事に取り組めませんでした。
より力を発揮するために、もう少し時間的に余裕を持てる職場へ移りたいと考えました。」

怠けたいわけではなく、仕事に前向きに取り組みたいと考えていることがより伝わります。
また残業時間を数値として入れたことで妥当性を高めています。

年収を上げたい、って伝えてもかまわないの?

年収は上げたいとさらっと伝えるのはOKですが、まずは「ぜひ採用したい!」と思ってもらえるように自身のアピールに集中しましょう。
 
年収交渉はタイミングの見極めも必要ですし、テクニックも必要です。
転職エージェントに登録して転職活動をすることで、年収交渉を任せると良いと思います。

前向きな理由は具体性を持たせて

前向きな転職理由
前向きな転職理由はそのまま言っても問題はありません。
ただし面接官はその前向きさが本気なのか否かを、質問することで確認していることを意識しておきましょう。

質問に対して、具体的な返答ができれば好印象ですが、そうでない場合は逆効果。

本当に前向きの場合は、「キャリアアップ」ひとつをとっても、

  • どのように
  • いつまでに
  • どのような手段で

といった面接官からの質問に対し、自分の言葉で具体的に答えることができます。

ここに不安がある場合は、自己分析に再度取り組むことをオススメします。
自己分析の方法はこちらの記事に解説があります

言葉に姿勢が表れることを意識しよう

「今まで積んで来た実力を御社で試したい!」といった内容を熱く語る転職希望者。
一見、意欲があって良いのではないかと思うかもしれません。

しかしよく考えると「うまくいくかどうかわからないものを試したい」と言っているわけで、学生や社会人一年生のような気分が抜けていないと評価が下がる可能性があります。

一般的に中途採用では即戦力を求められるので、失敗に対する許容度が異なることを理解しておきましょう。

内容は前向きであっても、用いた言葉に表れる本人の姿勢も、面接官はチェックしています。
 
事前に言いたいことを家族などに伝え客観的な意見をもらうのも良い対策になります。

怪我や病気の不安は明るくカバーして

怪我や病気
怪我や病気で退職をした場合、休職期間もそれなりに空いてしまうケースが多いので嘘をつかずに事実を正直に伝えましょう。

なるべく簡潔に、そして明るく以下の3点について伝えることが大切です。

  • どういった症状でどのくらいの期間休職したのか
  • どのような治療を行ったか
  • 現在の体調に問題が無いこと

転職後も治療が続く場合は、通院のペースや服薬について具体的に示せると、面接官も不安が軽減されます。

体調が戻らないうちに焦って転職し、後で体調が悪化して早期退職となることはキャリア形成でネックになるので
転職活動前にしっかり治療をすることが前提です。

そのまま伝えてOKな転職理由

リストラによる転職

  • リストラされた
  • やむを得ない事情で引っ越すことになった

上記の事情はそのまま面接官へ伝えて問題ありません。

転職理由がリストラと伝えることを不安に感じるかもしれませんが、事実を実直に伝え、志望動機で前向きな姿勢をアピールすれば不利になることはありません。

客観的な意見を取り入れよう

転職エージェントの客観的な意見
転職理由は伝え方によって印象が大きく変わります。
面接官になったつもりで転職理由を冷静に読むと、効果的な伝え方を考えることができます。

  • 転職理由が志望動機に自然につながっているか
  • 前向きな印象を与えているか

上の2点について、信頼できる家族や友人や、転職エージェントのキャリアアドバイザーに率直な意見をもらうと良いと思います。

特に転職エージェントは、企業毎に「求める人材像」や「面接官のキャラクター」を詳しく把握しているため、採用に結びつく有利なアドバイスをもらえる可能性が高いです。

ぜひ客観的な視点を上手に取り入れて、転職理由を考えてみてください。

転職エージェントに関する詳しい情報はこちらから
転職エージェントとは?利用前のよくある疑問や不安を解決します!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る