転職活動の疲れをリフレッシュする方法6選

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

日本人が生涯で経験する平均転職回数はおよそ2.6回と言われています。
慣れない事が続く転職活動に、不安や焦り、行き詰まりを感じる方も多いのではないでしょうか。

転職活動は様々なストレスを発生させる要因が多い上に、時間もかかるもの。

その過程で自分でも気がつかないうちに心身にダメージを負うことがあります。

心身の状態が良くないと、焦りや不安から判断を見誤る可能性も高くなると言われています。

ストレスマネジメントを意識的に行い心身をリフレッシュすることは、心身の健康のみならず、転職活動の成功にとっても大切なのです。
 
転職活動中の方はどのようなストレスを抱えているのかを見てみましょう。

転職活動のストレス

  • 転職に関して生じた迷い
  • 希望の転職先が見つからないことによる焦りや不安
  • 現在の仕事と、転職活動を並行して行うことによる負担感
  • 退職してから転職活動を行っていることによる焦り
  • 書類選考で落とされ続けることに対する自信の喪失
  • 企業との面談後に不採用を言い渡されたときの失望や落胆
  • 家族からのプレッシャー
  • 転職で給与や待遇面が下がってしまうのではないかという生活への不安
  • 転職までにタイムリミットがあることによる焦り

置かれている状況によりストレス要因は様々ですが、上に挙げた類のストレスを感じている方は非常に多いようです。

クボさん、転職活動のストレスを上手にリフレッシュするオススメの方法はありますか?

転職活動中は無理にがんばってしまう方がとても多いのですが、無理がたたって転職や日常生活にマイナスに作用しては本末転倒ですよね。
 
忙しい中でも取り組みやすく心身ケアに効果のあるオススメの方法を今回は6つ、ご紹介しますね!

小旅行にでかける

小旅行でリフレッシュ
転職活動中はいつ企業から連絡があるかわからないため、あまり長期で家を空けることができません。

中には「明日何時でもいいから役員面接をしたい」と連絡をしてくる企業もあるためです。

それでも日帰りもしくは面接の入らない週末を利用した1泊2日の日程であれば、近場への小旅行は可能ですし、ストレス解消のために出かけてみてはいかがでしょうか。

旅程の決まったバスツアーなどではなく、何の計画も無しにふらっと現地に行ってみるという行き当たりばったり小旅行がおススメです。
 
転職活動は計画的に行うものですが、その計画性に疲れを感じることが多いため、あえて無計画性さを取り入れることによりバランスを取る効果が見込めます。

時間に縛られず気の向くまま自由に行動することは何よりもストレス解消になりますし、ふらっと立ち寄ったお店が意外と美味しくて新鮮な驚きを感じることもあります。

なお、精神的な疲れを癒やすには海や川が適していて、肉体的な疲れを癒やすには山や森林が適しているとのことです。
旅行先を選ぶ上で参考にしてみて下さいね。

スーパー銭湯で気分をほぐす

スーパー銭湯でリフレッシュ
時間的にも予算的にも旅行はちょっと・・・という場合には、近くにあるスーパー銭湯に行ってみてはいかがでしょうか。

露天風呂や足湯、食事処などが館内に揃っていて手軽に温泉旅行気分が味わえます。

施設によっては、エステやマッサージ、ネイルサロンも併設されているところも。

転職活動中はゆっくりとお風呂に入る時間が確保できなかったり、シャワーだけで手早く済ませてしまったりする方が多いようです。

そういう方は知らず知らずのうちに疲労を溜めてしまうので、スーパー銭湯でのリフレッシュがとてもオススメです。

広いお風呂でゆったり身体を温めて、転職活動にポジティブに取り組む英気を養いましょう。

外出する気力も無いときは、自宅のお風呂で好きな香りのバスソルトを使ってゆったり入浴を楽しんだり、シートマスクなどでホームエステを楽しむのも良いかもしれませんね!

ビジネス書ではなく小説や漫画を読む

小説や漫画でストレス解消

転職活動に行き詰まったときに本を読む人は多いようです。
実際、良い本に巡り合えた時の感動は何物にも代えがたいものですよね。

転職活動中に失敗して落ち込んでいるさなかに、ビジネス書や自己啓発書を読むことは避けた方が良いです。
 
マイナス思考に陥っているときは、本来なら自分を高めてくれる内容でも、己の未熟さを痛感する材料になり、より落ち込むことがあるためです。
 
転職活動でストレスをため込んでいるときほど、ビジネスとは関係のない小説や漫画を読んでみましょう。

興味を持ち没頭できるのなら、恋愛物、ミステリー、ライトノベル、ノンフィクションなどジャンルを問わず読んでみて下さい。

読書の場所も自宅だけではなく、カフェや図書館など変化を付けると日常から少し離れて気分を切り替えやすくなります。

本の世界に没頭して時間を忘れる頃には、きっとかなりのストレスが解消されているはずです。

短期アルバイトをしてみる

短期アルバイトでストレス解消

退職して無職の状態で転職活動をしている場合、なるべくお金を使わないようにという意識から、引きこもりがちになる傾向があります。

引きこもり状態だと、運動不足になることはもちろん、一度ネガティブな状態に陥ると、そこから抜け出しにくくなる点が非常に危険です。

節約も大切ですが、だからといって食事があまりに簡素になったり、身なりに気を配らなくなったり、人付き合いにも消極的になったりする状況は危険だと自覚する必要があります。

無職で転職活動中の方は、リフレッシュ方法として短期アルバイトを経験してみることをオススメします。
 
生活費を稼げて金銭的な不安が和らぐという意味合いもありますが、新たな出会いから得られる心理効果もプラスに働きます。

学生の長期アルバイトとは異なり、短期アルバイトには様々な事情を抱えた人達が応募してきます。

小さい子供を抱えたシングルマザー、本業を持ちながら小遣い稼ぎをしたい人、出稼ぎできている人、ニート生活からの脱出を試みようとしている人など。

世の中にはいろんな人達がいて、いろんな事情を抱えていて、いろんな考えをもっていることを実感できます。
視野が広がることで、自分がマイナスに捉えていた出来事を、違った角度から捉え直すことができたりすることもあります。

既に退職されている方には、短期アルバイトを時折するのが転職活動を前向きに進めるためにオススメのリフレッシュ方法です。

美味しい味噌汁を自分で作ってみる

味噌汁作りにチャレンジ
日本人のソウルフード、味噌汁。
温かい味噌汁を飲むと、心の底からほっとできますよね。

味噌は日本の誇る発酵食品で、腸内環境を改善する効果があることはご存知かと思います。
腸内環境

腸内環境が良くなって善玉菌が増えると、喜びや快楽を伝える脳内伝達物質「セロトニン」が腸内でよく作られるようになり、精神安定に効果があるそうです。
つまり味噌汁を飲むことでストレスに強くなれるということなのです。

料理をほとんどしたことが無い人でも手軽に作ることができるので、味噌汁を自分で美味しく作ってみるのもオススメのリフレッシュ方法です。

味噌汁の出汁を一から取るのは手間がかかって大変と思う方は、市販の顆粒タイプや袋タイプもを使えば気軽に作ることができます。
最近は市販の顆粒タイプの出汁でも、化学調味料を使っていないものも多く出回っています。

もちろん自分で素材を買って一から出汁を取ってみることにチャレンジするのも一案です。

季節の野菜、乾物など、様々な具の組み合わせを試したり、色んな種類の味噌を使ったりするのも楽しそうね。

インスタントの味噌汁が手軽に買える時代だからこそ、あえて自分のために手作りしてみてはいかがでしょうか。

今、ここに集中する

マインドフルネス

最後に、集中力を高め、ストレスを解放できるとして、各界から注目を集めるマインドフルネスという考え方をご紹介します。

マインドフルネスとは端的に言うと「今、ここ」の自分の体験に注意を向けて、現実をあるがままに受け入れることです。

コラム冒頭で紹介した、転職活動におけるストレスを思い出してみましょう。
 
企業から不採用の通知を受けて落ち込んだり、終わりの見えない転職活動に不安を覚えたりすることがストレスにつながっていましたね。
 
ストレスを受けているときの意識は「今ここ、現在」ではなく、「過去」や「未来」にばかり意識が集中していることがわかると思います。

今ここに集中する

変えることのできない過去にばかり意識を集中させれば、何度も繰り返し後悔したり、何度も自分を責めてしまったりして心が傷ついていきます。

どうなるかわからない未来にばかり意識を集中させれば、不安がどうしても繰り返し襲いかかってくるものです。

確かに転職活動中はどうしてもこういった思考になりやすいし、まじめな方ほどその傾向が強くなりがちですね。

無意識のうちに、心がすり減るようなストレスを自ら作って受けてしまうのですが、多くの方がそれを自覚していません。

ですから心が疲れているとき、自分の意識がどこを向いているかを客観的に見てみると良いのです。

苦しいときは大抵、過去か未来に意識が偏っていることが多いはずです。

そういうとき、「今ここ」の現在に意識を戻してみましょう。

難しく考えなくても、いますぐ取り組めることばかりです。
 
後悔して悶々としながら食事をしていたのを、
・食材の味に集中して食事をするように変えることであったり
・不安を抱えながら歩いていたのを、草木を愛でながら歩いてみたり
心が楽でいられるように、自分のために少し視点を変えてみて下さいね。

できれば避けたいNGリフレッシュ方法

オススメのリフレッシュ方法を6つご紹介しましたが、逆にできれば避けた方が良いNGリフレッシュ方法を最後にお伝えします。

それはアルコールとギャンブルの2つです。

働く人のストレス解消手段としてよく知られる2つですが、転職活動中はオススメできません。

転職活動のストレスは、仕事のストレスよりも精神的なダメージを深く負うことがあります。
特に面接でうまくいかないことが続いた場合、転職経験の浅い人ほど自分を否定された気分になります。

こういう時にアルコールとギャンブルに頼ると依存状態に陥りやすく、身を亡ぼすことになりかねません。

転職活動でストレスを感じたら、お酒やギャンブル以外の方法で積極的にストレスを解消するようにしてみて下さい。
いつも以上にご自身の心身を大切にするという意識がとても大切です。

あなたがいつも元気な心で転職活動に取り組めるように、応援しています!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る