新卒1年目、2年目で「仕事辞めたい」と思ったら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
新卒仕事辞めたい

「上司とどうしてもウマが合わないから転職したい。でも今の仕事から逃げて転職するのは良くない気がする。」
などという悩みを抱えている人は、特に20代に多いように思います。

特に入社後1年目、二年目は、「せめて3年は我慢して留まるべき」という相反する思いとの板挟みになりやすい時期です。

確かに嫌なことから逃げてばかりでは、転職を繰り返して転職先のレベルを下げて悪循環に陥ってしまうかもしれませんよね。

しかし今の職場に何かしら不満や問題があるからこそ「仕事を辞めたい」と思ったはずです。

自分の思いを無視して抑制するだけでいるのも決して良いこととは言えません。

入社して数年以内に「仕事辞めたい!」と思ってしまったら、どう考えたら良いのかしら
転職を考えたきっかけが「逃げ」だったとしても、明確なビジョンを持って転職し成功をつかんだ20代の人もたくさんいます。
今回は若年層によくある悩みを原因別にアドバイスしますね。
 
転職を選択する場合の成功の秘訣も併せて解説します。

新卒1年目や2年目で会社を辞めたくなる原因にはどんなものがあり、どう考えれば良いのか、早速見ていきましょう。

人間関係が原因の場合

人間関係が原因
20代の最初の頃には、厳しい上下関係や仕事が絡んだ人間関係に、初めて接して苦労する人も多いと思います。

その中で”仕事の人間関係とはどのようなものか”を知り、プラスになることもあるはずです。

人間関係を良くする努力をしないうちに辞めるのであれば、それは「逃げ」と思われても仕方がありません。

しかし人間関係に悩んで転職を考える人は、ほとんどの人が悩みに悩みぬいて転職を考えています。

例えばこれからご紹介するA子さんのようなケースでは、より良い職場環境を求めて転職をする方が良いと言えます。

女性社員同士のいざこざに見切りを付けたA子さん

A子さんが新卒で入社した会社は、古くから働いている一部の女性社員たちの権限が強く、それ以外の女性はたいてい長続きせずに次々と辞めてしまう状況でした。

若い女性社員は、古参の女性社員たちに気に入られれば可愛がられるのですが、そうでない場合は「仕事の連絡が回ってこない」「ミスを押し付けられる」などの嫌がらせをされるのです。

その例にもれず、あからさまな嫌がらせを受け続けたA子さんは、上司に相談を続けていましたが、まともに取り合ってもらうことができませんでした。

辞めることは本意では無かったA子さんでしたが、嫌がらせをする女性社員たちに加えて、事なかれ主義の上司達にも問題があると考え、転職活動を始めました。

A子さんのようなケースは、確かに転職する方が良さそうね。

組織の問題か、個人の問題かが判断の分かれ目

どの職場においても、自分と気の合わない人はどうしてもいるものですが、先程のA子さんの職場のように、組織自体に自浄作用が乏しいケースでは、転職も止むを得ません。

  • 人間関係の改善の努力はしたが、改善しなかった
  • 人間関係の悪さが仕事に支障をきたす
  • 人間関係の悪さによって、精神的なストレスが溜まる

いう場合、より良い職場環境を求めて転職をすることは逃げではなく、良い選択になると思います。

単に気の合わない人がいるという理由だけで転職するのは時期尚早です。
 
社内のしかるべき部署に相談したり、異動希望を申し出てみたり、改善する努力をしてみることから始めてみて下さい。

仕事が忙しすぎることが原因の場合

忙しすぎる
商社やコンサルタント業界、SE、飲食業などは仕事量が多い傾向が強く、
「毎日残業、残業で仕事が忙しすぎて、プライベートの時間を取ることもできない」
といった理由から転職を考える人が少なくありません。

激務を理由に転職するのは「逃げ」だと思い込んで、無理をして続ける傾向は男性に特に多く見られます。

20代は良くも悪くも無理が効いてしまうため、激務を続けてしまった結果、休職や退職に追い込まれてしまうことも。

激務でも辞めない理由は次のようなものが挙げられます。

  • 忙しい職場の人に「退職する」と言い出せない
  • 転職活動をする時間が取れない
  • 今の会社は給料が良いから
  • もう少し頑張れば、楽になるかもしれないと考えているから

取り返しのつかないことになる前にすべきこと

「もう少し頑張れば楽になるかもしれない」と考えている場合、上司や先輩の働き方を注意深く見てみるのが一番良いでしょう。

彼らも同じように激務であれば、今後も労働環境が変わる見込みは薄いです。

管理職になって現場の作業が減り、体力的な負担が減っている状況が見られれば、管理職になるまでの苦労と割り切って続けることもできるかもしれません。

年数がたっても労働環境があまり変わらないようなら、仕事量を減らす取り組みをするか、職場自体を変える方が良いと考えられます。

激務で体を壊しそうになったら、どうすればよいのでしょうか?
仕事量を減らせば解決というのであれば、上司に相談するのが一番です。
 
上司に仕事のやり方や仕事量について相談したり、部署異動を願い出たりすると良いと思います。

「仕事を減らしてほしいなんて、仕事ができないみたいで言いたくない」と思うかもしれません。

しかし手に余る仕事を抱えて倒れるより、適切に報告する方が全体にとっては良いのです。

上司に相談しても、仕事量を調整しても改善されないという場合、いよいよ転職を考えなければなりません。

本当に体を壊してしまったり、うつ状態になってしまってからでは遅いので、先を見て早めに対処することが肝心です。

現職で得られるものが無いと感じることが原因の場合

「今の仕事では何も得るものがないから転職したい」という理由で転職を考える20代は少なくありません。

若いうちにより成長できる企業へ転職するのは、将来のことを考えれば良い選択と言えます。

しかし転職すべきかどうかは慎重に判断する必要があります。

成長したいって前向きな理由なのにどうして?
「成長したい」と言いながらも、将来へのビジョンが明確でないまま転職する人もいるためです。
それでは思うような成長につながりにくい上に、無用に転職回数を増やして自身の市場価値を下げかねません。
 
その例としてB子さんの例を紹介します。

ビジョンが無いまま転職してしまったB子さん

「今の職場は仕事がなさ過ぎて暇。スキルも専門性も得られない。」という理由で転職を希望していたB子さん。

彼女は社員数が少ない小さな印刷会社に勤務していました。

アットホームな雰囲気で働きやすそうな会社だと思ったのが就職を決めた理由でした。

ところが、
「入社したばかりで一人では仕事が何もできないのに、積極的に教えてくれない」
「できる仕事があまりないから、一日の大半はネットを見て過ごしている」
という状態に陥ってしまいました。

会社に嫌気がさしたB子さんは、「服を買うのが好きだし、次はアパレル関係がいいかな。」と考えて退職。

しかし、転職先候補のアパレル関係について勉強したわけでもなく、業界に興味があるというよりは単に服が好きだからという単純すぎる動機しか彼女にはありませんでした。

当然、アパレル業界への転職には苦戦し、正社員での転職は叶わず、何とか販売職の契約社員として正社員登用を目指すことになりました。

正社員での就職を希望していたB子さんにとっては不本意な転職となってしまったのです。

B子さんは本当はもう少し最初の職場でスキルをつけるか、転職を希望する業界についてもっと勉強するべきでした。
しかし、今の仕事を早く辞めたい一心で、大切なことをおろそかにしてしまった。

 
このような例は、「逃げの転職」の典型的な例と言えます。
社会経験がまだまだ少ない20代前半には意外とこういったケースが多いので要注意です。
そうですね。
B子さんのケースでは、退職を決める前に、「仕事を教えてもらえるように、もっと積極的になる」とか、
「自分で仕事を勉強する」という努力もできたら良かったかもしれないわね。

転職のきっかけ自体は「逃げ」でも良い

ここまでご紹介した会社を辞めたくなる原因に代表されるように、人は仕事をしていれば誰でも、壁にぶつかります。

周りから見れば「なんだそんなことで」と思うような壁でも、新卒1年目や2年目の社会経験が少ない方にとっては、絶対に越えられないような高い壁に見えるものです。

その壁は乗り越えるべき価値のある壁なのか?どう乗り越えるべきかを考えることは何より大切です。

その結果、その壁を避けて逃げる(=転職する)という選択を取らざるを得ない場合もあるでしょう。

もし転職の道を選ぶのなら、次に何をすべきか?自分は何がしたいのか?何ができるのか?ということを、明確に考える必要があります。

転職のきっかけは「逃げ」だったとしても、将来へのビジョンをしっかりと考えることができれば、それは「逃げ」でも何でもなくなるのです。

きっかけは何にせよ、その後のことを建設的に考えて行けば良いのね!

初めての転職、どう進めていけば良い?

新卒1年目、2年目でただつらい思いをして会社を逃げるように辞め、何も得るものもなく良い転職もできない、という結果は何としても避けたいものです。

転職をするならば、目的を持って転職の準備をして、確実に次につなげていきましょう。

私がオススメする転職成功の秘訣をご紹介します。

とにかく退職は避ける

退職を避ける
最初に確認したいのが、この文章を読んでいるあなたは、「会社を辞めたい」と追い詰められている状態かどうかです。

心身ともに切羽詰まっている場合も、そうでも無い場合も、とにかく今の会社をすぐには辞めないことが大事です。
辞めずに、自分が今後生きていく道を模索しましょう。

なぜ、会社を辞めてはいけないのか?
それはもちろん、お金に困ることを防ぐためです。

在職中の転職と退職後の転職では、圧倒的に前者の方が金銭的に有利です。

退職してからの転職では、思ったより転職活動が長引いた時に生活費が足りなくなって、妥協して転職してしまうこともあるためです。

退職したいと思った時に一番重要なのは、「これ以上、自分に有利なことを失わないようにすること」です。
 
退職して職場を失う前に、次の勤務先など何かを得ることが大切です。
何もせずに退職してしまうのは、リスクが大きすぎます。

体力的にも精神的にも限界が来ている、という人はまずは休職することです。

おそらく病院に行けば診断書をもらえるくらいには、体調を崩しているはずですから、診断書をもらって下さい。

診断書があれば、たいていの企業は休職扱いにしてくれます。

それでも休職の対応をしてくれないほどのブラック企業であれば、即座に退職して心身を守ることを優先しましょう。

心身にダメージが大きい場合、退職を急ぎたくなる気持ちはよくわかります。
しかしまずは「休職」をして冷静に転職を考えることができる状態に身辺を整えるのがベストです。

転職のために2種類の準備をする

転職を成功させるために大きく分けて2種類の準備をすることをオススメします。

  1. キャリアプランニングを行い、転職活動のための知識も仕入れる
  2. 自分の価値を高める

もう少し具体的に説明します。

1.キャリアプランニングを行い、転職活動のための知識も仕入れる

1は、これまでのキャリアの棚卸しとともに、今後のキャリアプランについて検討して方向性を明確にすることや、希望する転職先についての転職事情や、求人情報を調べるということです。

自身の市場価値についても客観的に評価をします。

労働市場での価値とは、現状のキャリアとスキルでは、どのような求人があり、どの程度の年収が予想されるかということです。 

市場価値とキャリアプランと組み合わせて考えることで、どんなスキルを身につければ、どの程度市場価値が上げるかということもわかるようになります。

2.自分の価値を高める

2は、希望するキャリアプランによって必要なスキルや資格を必要に応じて身につけることです。

休職するか今の仕事を続けながら、より良い条件で転職する為に、スキルや資格を身につけていくことが大事です。

初心者は転職エージェントを使うと良い

転職エージェント
転職活動中の人は孤独を抱えがちで、独りよがりになりやすいものです。
特に、現職でのストレスが過剰にかかっている状態で一人で転職活動をすると、危険度がより高まります。

しかもひとりで前項の転職のための2種類の準備を行うと、相当な負荷を感じるはずです。

転職エージェントを利用すると、そういった負担を激減させることが可能です。

特に若年層に特化した転職支援を行っているエージェントであれば、新卒1年目、2年目といった若年層特有の悩みや迷いに、適切に対処してくれるため、とても心強い相談相手になるはずです。

転職エージェントに登録した場合も、必ずしも転職をしなければならないわけではありません。

担当のキャリアアドバイザーとキャリアプランや転職事情、市場価値について話す中で、「今はまだ会社を辞めない」という判断もできるかもしれません。

キャリアアドバイザーとの対話の中で、客観的に冷静に、考えることができるのが転職エージェントを利用するメリットの一つと言えます。

転職エージェントとは?

転職エージェントという言葉は聞き慣れないかもしれませんがハローワークの民間バージョンと考えるとわかりやすいと思います。
ちなみに全て利用無料です。
 
下の図のように、厚生労働省の許可を得た民間職業紹介事業者(転職エージェントや人材紹介会社と呼ばれる)が、転職希望者と求人企業の間に立って、転職を取り持つ役割を担います。

転職エージェントとは

転職エージェントを利用すると、希望にマッチした企業を紹介してもらうことができますし、企業の情報を非常に詳しく教えてもらうことができます。

若年層が継続して安定的にキャリア形成をしていける企業に限って紹介してくれるため、ブラック企業対策として有効です。

転職エージェントでは、無料で次のような支援を受けることができます。

  • 履歴書や職務経歴書のアドバイス、添削を受けられる
  • キャリアアドバイザーとのキャリアカウンセリングを受けられる
  • 最適と思われる求人情報を紹介してもらえる
  • 個人では集められないような詳しい情報を提供してもらえる
  • 一般には公開されていない非公開求人を紹介してもらえることもある
  • 面接に関するアドバイスを受けられる
  • 採用考査から入社に至るまでの企業とのやり取りを代行してもらえる
  • 年収や待遇などの交渉も行ってもらえる

転職エージェントに、今すぐ転職すべきかどうかを相談してみると良さそうね。

新卒1年目、2年目の第二新卒向けの転職エージェントはこちらのページで紹介しています。
第二新卒の転職・就活におすすめの転職エージェント

20代は燃え尽きにも注意して!

若い時期は仕事で壁にぶち当たることがとても多いはずです。

自分の置かれている状況で転職を考えることは果たして「逃げ」なのか?と思い悩む人も多いでしょう。

一番避けたいのが、新卒1年目、2年目という若さゆえに、身も心もボロボロになるまで耐えてしまい、転職活動をする気力すら失ってしまうことです。
頑張れるだけ頑張って、その結果燃え尽きてしまうのはとても悲しいことです。
 
ですから、「仕事辞めたい」という思いが湧き上がったら、早め早めに対応していくことが望ましいのです。

転職を選択するかどうかも、できれば転職エージェントやハローワークの相談員など、客観的なアドバイスを得た上で、検討してみてください。

「逃げたい」と思ったことがきっかけだったとしても、真剣にキャリアや生き方について考えることができればあなたにとって必ずプラスに働きます。

自分の人生にとって最良の選択とは何か、考えることを大事にしていけるといいですね!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る