転職には予想以上にお金がかかる!実際にかかった費用を聞いてみました

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
転職活動にかかるお金

転職活動でやってはいけないことのひとつに「金銭的な計画が不十分なまま、退職して転職活動を始めること」が挙げられます。

せっかく実力があってもお金が続かずに、希望にそぐわない職場へ妥協して転職してしまっては本末転倒だからです。

このようなリスクを避けるため、お金に関する計画と準備をした上で、転職活動を始めましょう。

転職活動にかかるお金か…履歴書の用紙や封筒を買って、あとは面接時の交通費がかかるくらいかな?
退職しても何とかなるかもしれないな
認識が甘いですね~!!
在職中と退職後では、かかる費用も全然違うので安易に退職するべきではありませんよ。
 
どのような目的に、どれくらいのお金が必要になるのかまずは見ていきましょう。

ズバリ、転職にはいくらお金がかかるの?

まず大手転職サイトのリクナビNEXTが行った調査の結果をご紹介します。
これは活動期間1~3カ月の転職経験者1,000名を対象として行われたものです。

転職活動中の平均支出額と全体の平均支出額は以下の通りです。

在職中転職者:約370,000円
退職後転職者:約710,000円
全体平均  :約540,000円
(参照元:リクナビNEXT)

退職後転職者の支出額が、在職中転職者の2倍近くなのはなぜでしょうか?

これは在職中に会社から出ていた家賃補助や通勤交通費、昼食補助などが、退職後は自己負担となるためです。

失業保険を受給できる場合でも、自己都合で退職した場合は手続きをしてから3カ月の給付制限もあり、すぐには受給ができないので注意が必要です。

転職活動が計画通りに終わる保証は無いし、予想以上に長引くことも考えると、やはり安定収入のある在職中の転職が安心なんですね。
そうですね。在職中の転職を私もオススメします。
必要なお金の総額がイメージできたので、続けて支出の内訳について詳しく見ていきましょう。

支出を具体的に想定しよう

転職活動の支出

家族構成や生活スタイルによって個人差はありますが、以下に挙げた項目を確認すれば、想定支出額がほぼ想定できるはずです。

ここでは生活費と、転職活動に必要な費用の2つに大きく分類しました。

生活費

  • 食費
  • 住居費(家賃、または、住宅ローン、管理費など)
  • 光熱費(電気、ガス、水道)通信費(携帯電話、固定電話、インターネットなど)
  • 公共費(NHK受信料など)
  • ガソリン代・交通費
  • 保険・税金(生命保険、自動車税、固定資産税など)
  • 国民健康保険・国民年金
  • 医療費
  • 子供の教育費
  • 娯楽費
  • 冠婚葬祭費
  • 雑費

在職中に転職活動をする場合は、生活費については月々の収入で賄えると思いますが、退職する場合は当面の生活費をしっかり想定しておく必要があります。

まずは生活費の実態を把握するところから取り組んでみましょう。
 
家計簿を付けていない場合は、クレジットカードの支払い明細や、銀行の引き落としの履歴などを参考に把握を進めます。

転職活動に必要な費用

  • スーツ代などの初期費用
  • 交通費
  • 引っ越し費用

※これらの費用は必要でないケースももちろんあります。

こうして挙げてみるとずいぶん多いなぁ。自動車税や固定資産税は金額も大きいし、忘れずに想定しておかないといけないですね。
 
生活費はともかく、“転職活動に必要な費用”についてもっと詳しく知りたいです。

では“転職活動に必要な費用”について詳しく解説していきますね!

転職活動に必要な費用

1.初期費用

見た目は大事!面接対策

面接用のスーツ

まずは面接に備えてスーツなど必要なものの購入を検討しましょう。

面接の考査結果に「見た目」は意外と大きく影響します。
面接という重要な場面に合わせて、適切に身だしなみを整える配慮が見られるかどうか、面接官はしっかり見ているためです。

日頃からスーツを着る方は、一から買い揃える必要はないかもしれませんが、
手持ちのアイテムの状態によっては、一部でも新調する方が無難です。

購入を検討する主なアイテムは、

  • 男性:スーツ、ワイシャツ、ネクタイ、靴、バッグ
  • 女性:スーツ、シャツやブラウス、靴、バッグ

他にも、ベルト、ハンカチ、名刺入れ、腕時計なども必要に応じて購入しましょう。

スーツの購入時のポイントは、

  • グレーのビジネススーツが無難
  • 高級品である必要は無いが、あまりに安すぎるものは避ける
  • しっかり試着してシルエットが自分に合っているかよく確認する

スーツだけでなく、髪型まで気を使えれば完璧でしょう。
実際に面接前に美容院に行った方の声をご紹介します。

頭の先から足の先まで

面接の数日前に美容院に行き、その足でスーツ、インナーシャツ、パンプスを買いました。トータルにすると40,000円弱

本当はエステも行っておきたかったのですが、そこまで回りませんでした…やはり相手に与える印象は大切だし、長い目で見れば、確実に有益な投資。

そのときは「うわー、この出費は痛いなー」と思いましたが(笑)

〔Kさん、39歳〕

事務用品も忘れずに

事務用品
購入を検討する主なアイテム

  • 履歴書(インターネットからのダウンロードでもOK)
  • 筆記用具(万年筆やボールペン、シャープペンシル、消しゴム、ペンケース)
  • A4サイズの封筒(同サイズのクリアファイルも)
  • ふせん
  • 印鑑、印鑑ケース

事務用品も、転職活動にはなくてはならないものです。

筆記用具は万年筆や、専門メーカーのボールペンが望ましく特に営業職やエグゼクティブの転職の場合は、安物のボールペンの使用はなるべく避けたいところです。

筆記テストをする場合に備えてシャープペンシルと消しゴム、印鑑や印鑑ケースなどもそろえておきましょう。また付せんを常備しておくと、何かと役に立ちます。

A4サイズの封筒は、履歴書などを送付したり、面接に持って行ったりするときに必ず必要です。多めに買っておきましょう。

応募書類は新品のA4サイズのクリアファイルに挟んでから封筒に入れるので、クリアファイルも忘れずにまとめ買いしておきましょう。

自宅にパソコンが無い場合、できるだけ購入するようにしましょう。
勤務先のパソコンで転職活動を行うのは言うまでもなくNG行為です。

写真にもお金をかけよう

履歴書用の写真は、街角にあるスピード証明写真機でも撮影できます。(700~800円程度)

手軽に利用できますが、映りが暗くなってしまうこともあるので、金銭的に余裕があればプロに撮影してもらえる写真館を利用することをオススメします。
(4,000円程度)

写真館によっては、ヘア・メイクや、スーツレンタルなどの付帯サービスがあるところもあります。

では実際に「転職活動で写真にお金をかけた」方の体験談をご紹介します。

くすんだ肌がどうしても気になって…

もう年齢も若くない。街中にある証明写真ボックスだと、どうしても肌がくすんで疲れた表情に撮れてしまうので、商店街の写真館で撮ってもらいました。

やはりプロ! 4,000円ほどかかりましたが、肌もいい具合に調整されて、自分的にはバッチリな写りでした。

〔Yさん、36歳〕

半ば願掛け、某デパートの写真館で!

友人が「某デパートで撮った証明写真だと、受かる確率が高い」と教えてくれたんです。

ほとんど都市伝説のようなものですが、半ば願掛け感覚で、そこで撮ってもらうことに。

デジタルデータも含め、6,000円近かったですが、背景もなんだか素敵、普段の自分より格段に上品な仕上がりでした(笑)

〔Tさん、32歳〕

資格の取得

転職のために新たな資格を取得するという方もいるでしょう。資格の取得費用もきちんと計算しておくのがベターです。

専門書籍やタブレットなどの「ビジネスグッズ」、「資格取得や勉強」にかかった出費が「予想以上にかかった」という人の声を聞いてみました。

パソコンスクールにかよって資格ゲット!

転職前は、ワードとエクセルがほんの少―しできる程度。分からないことはすぐに同僚に聞いていました。

「○さん(私)っていつも聞いてきますよね」なんてプチ嫌味を言われつつも、何とかなっていたんです。

でも、転職するにあたって、それじゃイカン! と思い立ち、パソコンスクールへ。
身につけたいスキルは決めていたので、資格取得コースを選択して約半年ほど通いました。

16万円ほどかかりましたが、ワードとエクセルスキルはかなりのレベルになったので、転職後も役立ちまくっています!

〔Oさん、33歳〕

2.交通費

自宅と転職を希望するエリアとの距離や、応募社数によって変動します。

Uターン・Iターン、海外など遠隔地への転職を希望する場合は、航空券が必要だったり、宿泊費が発生したりするケースもあります。

希望勤務地に基づき、訪問回数も加味して金額を想定し準備しておきましょう。

「交通費は企業側で負担するもの」と認識している人が意外と多いのですが、実際に負担する企業は少ないのが現状です。

3.引越し費用

転職と引越し費用
転職に伴って引っ越しが必要な場合は、引越し費用と敷金、礼金、家賃が必要です。
引越し先の家賃相場に基づき、想定される家賃の5倍程度を引越し資金として考えます。

新しい会社からの補助の有無が気になるところですが、補助が無いケースが6割と言われているので、自己負担の場合でも対応できるように準備が必要です。

4.生活費

経済面からいうと、在職しながら転職活動をすることが望ましいですが、そうはいかないケースも多いですよね。

過去1ヶ月間にかかったおおよその生活費を割り出してみてください。次の転職先が決まるまで、交際費や娯楽費、被服費など、抑えられるところは抑える生活をしましょう。

金銭的に余裕のない転職活動は危険!?

以上みてきたように、転職活動にはさまざまな諸経費がかかってきます。そのためには、やはりある程度の貯金は必要です。

貯金は、生活していくための金銭的な問題に限ったことではありません。

お金に余裕がなくなると、「とにかく仕事を決めなければ」という焦りから判断力が鈍り、自分に合わない会社に就職してしまうリスクが高くなります

合わなかったために、結局また辞めてしまうという悪循環に陥ってしまう可能性もあるのです。

では、いったいどのくらい貯金があればいいのでしょう。

転職にじっくり1年間ほどかけるとして、1年間に必要な生活費は、日本人成人1人平均、月約18万円。
12か月分であれば、約216万円を貯蓄できていると安心のようです。

もちろん、家族の数や生活スタイルによって生活費は変わってくるので、おおよその1年間の生活費の概算を出してみるのもいいでしょう。

貯金ゼロでは、金銭面でも精神面でも転職活動はままなりません。貯金はできるときに、少しずつでもコツコツ貯めておきましょう。

転職活動は無料でできると思っていた方、多いと思います。しかし、こうやって見ていくと、なんだかんだけっこう出費があるものですね。

もちろん、どのくらいのスパンで活動するのか、どういう内容の活動をするのかによって金額に差は出てきます。

理想の企業に転職をするためには、このような金銭面についてもしっかり考えてから行動した方がより安心ですね。

在職中に転職するコツ

転職活動にはお金がかかるし、在職中に転職する方が金銭的なリスクが低いのがよく理解できました。
 
でも実際忙しすぎて大変ですよね。退職しないと転職活動もままならないんじゃないかと心配です。

仕事だけでも忙しいのに、さらに転職活動が加わると大変ですよね。
そういう方には、転職エージェントの利用がオススメですよ。

転職エージェントを活用しよう

転職エージェントを活用
在職中の転職活動では、時間的な制約が大きいため、情報収集や企業研究に十分な時間を割くことが難しくなりがちです。

それらに時間を割くとなると、負担が非常に大きくなり、心身共に疲弊してしまうこともあります。

そのようなことを防ぐために、転職エージェントをぜひ利用してみて下さい。

専任のキャリアアドバイザーが、転職活動の準備~内定~入社まで無料でサポートしてくれるので、
在職中でも無理なく転職をすることができます。

独力で活動するよりも、はるかに多くの情報を得ることができ、有益なアドバイスを受けることもできます。
 
経済的な安定を保ちつつ、転職の成功率も上がって、一石二鳥と言えますね。

最後にまとめると、

  1. まずは必要なお金について想定し、計画をしっかり立てる
  2. 転職エージェントを利用して在職中に転職を成功させる

この2点がこの記事のポイントです。

転職エージェントの詳しい情報はこちらからどうぞ
転職エージェントとは?利用前のよくある疑問や不安を解決します!

田崎美穂子
20年近くお堅い出版社で正社員として、主に編集を中心とした業務を担当してきました。 退社後すぐにフリーランスになり、ママ友ネットワークと3児の母である経験を生かし、ワーキングマザー向けの記事を執筆。最近は、美容関係・受験関係の記事も多数執筆しています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る