ワーママ向け「残業ゼロ」の企業の選び方・働き方とは? 残業なしで働くママたちの体験談

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

女性の転職、それは結婚、出産、育児などを経るにつれ、どんどん難しくなっていきます。

というより、難しく考えてしまうようになる、と言ったほうがいいかもしれません。「子どものお迎えに間に合うように自宅から近い企業」「有休を取りやすい環境の企業」など、主に子育て関係の条件も増えていくからです。

今回は、そんなママになってから増えていく転職条件のひとつ、「残業ゼロの企業選び」について、実際に「残業ほぼゼロ」で働くママの例も紹介しながら書いてみたいと思います。

残業ほぼゼロの会社ってあるの? 選べるの?

ワーママの理想はやはり「残業なしで、定時で退社できること」。

有休が取れることももちろん大きなポイントですが、それ以上に毎日の「退社時間」は気になるところ。

今転職を考えているママで、第一条件に「残業なし」をチェックしている方も多いのではないでしょうか。

すでにネットや求人誌などで「残業ゼロ」に絞って探している方もいると思いますが、「働くママに優しい17時終わり」や「ママ大歓迎、残業ゼロの企業」など魅力的な見出しから始まる広告も多く見られます。

もちろん、そう謳っているのですから、残業は限りなく少ないようです。
しかし、実際に働いてみないと「残業なし!」とはとても言えない企業もたくさんあるようですし、企業で働く以上、「定時なので仕事を中断して帰ります」ということはできませんよね。

残業が少ない、あるいはゼロと謳っている企業を中心に探しつつ、面接などで改めて「自分はこういう理由で残業できません」と上手にアピールすることも大切です。

ワーママが残業を回避するために心掛けたいこととは?

転職を考えたとき、あるいは転職後、実際にワーママが残業をうまく回避するにはどうしたらいいのか、という「心得」を紹介したいと思います。

  • 前述したように、面接時に「残業はほぼ無理」「しかし、業務時間内は人一倍頑張ります」というようなことをきちんと丁寧に伝えましょう。
  • 「子どもが熱出してるんだから帰るのは当たり前」というような、〝子どもがいるから大手を振って退社!″という態度は禁物です。
  • 残業が少ないといっても、他の社員は残っている場合が多いと思います。そういう状況で定時に帰る場合は「すみません、お先に失礼します」という気持ちが伝わる挨拶をしたいですね。

働くママに優しい会社が増えてきているようですが、悲しいことにどうしても働くママを疎ましく思っている人もまだまだたくさんいるのが現状です。

悔しいと感じてしまうかもしれませんが、「働かせてもらっている」という気持ちはどこかに持っているといいのかもしれません。

次に、残業ほぼゼロを実践しているママたちの「転職事情」を紹介していきたいと思います。

「残業ほぼゼロ!」を実践しているママの転職体験談

体験談1:在職しているワーママに話を聞いてみた

残業ゼロの勤務先を見つけるポイントなどは?

前職は大学病院の看護師。患者さんの容態などで遅くなったり、もちろん夜勤などありました。

保育園はほぼ毎日19時半までの延長保育、お迎えも両親に頼んだりと、子どもにもかなり負担をかけてしまっていたので、転職を決意しました。

せっかくの有資格の転職、自宅からさほど遠くない開業医で、残業がなさそうな病院をいくつかリサーチしました。

3つほどの病院に絞り、その病院で働いているワーママ看護師さんや受付で働いているワーママさんなどに直接話を聞きました

最初は「患者じゃないのね」という顔をされましたが(苦笑)、皆さんけっこう気さくに話してくださり、勤務状態や残業の様子など、リアルな情報が聞けて良かったですね。

現在は残業ゼロ?

現在は、自宅から自転車で5分ほどの皮膚科で働いています。平日の4日間9時~16時、土曜の午前勤務

子どもとの時間も増えたし、掃除機も毎日かけられるようになりました(笑)
〔Hさん、子ども6歳、4歳〕

ネットなどの情報だけでなく、希望の転職先で働いる人の生の声が一番参考になりそうですよね。

なかなか難しいことではありますが、「残業ゼロ生活」を手に入れるため、なんとかツテを探して話を聞く、あるいは勇気を出して直撃インタビューしてみるのもいいかもしれません。

体験談2:残業ありの企業だったが、「残業できない」と伝えてみた

残業ゼロの勤務先を見つけるポイントなどは?

前職は、出版社で書籍の編集業務でした。まさに激務で、終電になってしまうこともしばしば。

お迎えや家事は、ほぼ主人がやってくれていました。「ご主人がやってくれるからいいじゃない」とよく言われましたが、子どもの一番かわいい時期に、このままじゃいけない! と思い、転職することに。

出版業界を考えましたが、また正社員で書籍担当になってしまっては前職と同じになってしまうので、残業はほとんどないであろう契約社員の「編集アシスタント業務」を探しました

行きたい出版社が、契約社員でも「多少残業あり」とあったのですが、エントリーシートや面接でも、「こういう理由で転職を希望し、こういう事情で残業できません」ということをしっかり伝えました。

現在は残業ゼロ?

ゼロではありませんが、あっても1日30分程度です。
あくまでアシスタントなので正社員の編集者さんも補助的な役割として扱ってくれます。面接時にきちんと伝えたことが功を奏したと思っています。

前職に比べて精神的にも時間的にもものすごく楽になりましたね。
〔Tさん、子ども11歳、5歳〕

就きたい職種ややりたい業務にこだわりつつ、前職と同じ働き方や正社員という立場にこだわらない、それも残業をへらす、あるいはなくす手段の一つかもしれません。

そして、なにより面接などを受ける時点で「残業はできません」としっかり伝えることが大切なようです。

体験談3:仕事のレベルアップ&残業ほぼゼロを叶える転職活動

残業ゼロの勤務先を見つけるポイントなどは?

育休明けも、前職の企業にエンジニアとして復帰する予定でした。

しかし、育休中に同僚から「上司が変わって、組織体制が大きく変わった。今までとは比べ物にならないくらい業務量も残業も増えた」というメールが。悩んだ挙句、育休中でしたがすぐに退職し、新しい会社で再スタートすることを選びました。

出産前にエンジニアとして何度か転職は経験していますが、ママになって初めての転職。しかも、転職活動と子どもの保活を一緒にしていました(笑)

やはり「残業なし」を第一ポイントに探し、その結果、それまでのソフトウェアの開発ではなく、品質検証作業業務をメインとする企業に転職しました。

現在は残業ゼロ?

今の会社は、クライアント先で検証作業の仕事をすることが多いのですが、スケジュールも自分で立てられ、ほぼ直行直帰の毎日。残業せず帰れていますね。

前職では一エンジニアとしてしか見られていませんでしたが、現在は検証のスペシャリストとしてプロの扱いを受けるので、モチベーションもスキルも上がった気がします。
〔Kさん、IT企業勤務、子ども5歳〕

経験やスキルを充分活かしたうえで、見事に「残業ゼロ」を実現した働き方ですよね。

高いスキルと持っているにもかかわらず、「就きたい職種は残業が多そう」と転職に二の足を踏んでいるママの参考になるのでは。

まとめ

いかがでしたか。
残業ゼロってなかなか難しいですが、それはちょっとした努力や工夫をすれば、必ず勝ち取れるものです。

「転職活動中は思う存分わがままに(条件はなるべく譲らない、できない理由をしっかり伝える、など)、そして転職後は謙虚な態度で」がポイントとなってくるのかもしれません。

そして、「子どもがいるから残業できなくて申し訳ない」ではなく、「残業できないからこそ時間内に効率よく、いい結果を出そう」というポシティブシンキングでいることも大切なのではないでしょうか。

田崎美穂子
20年近くお堅い出版社で正社員として、主に編集を中心とした業務を担当してきました。 退社後すぐにフリーランスになり、ママ友ネットワークと3児の母である経験を生かし、ワーキングマザー向けの記事を執筆。最近は、美容関係・受験関係の記事も多数執筆しています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る